錦織圭!マイアミオープン2017の準々決勝ファビオ・フォニーニ情報と放送予定!

マイアミオープン2017 準々決勝 錦織圭

 

錦織圭マイアミ・オープンは、4回戦が行われF・デルボニスに6-3、4-6、6-4のフルセットで勝利して準々決勝に進出しました。

 

1セット目を簡単に取れたことで油断をしたわけでは無いと思いますが、2セット目の途中にまたもや急に崩れてブレイクを許してしまい、そのセットを落としてしまいました。
最終セットの逆転は、ここぞというところでアグレッシブに勝負に出た錦織圭第2シードの意地を垣間見た気がしました。

 

デルボニスが勝利を意識して少し後手に回ってしまったことも錦織圭にとってはラッキーでした。
ただし、試合を総じて気になったのは、全体的にリターンの球が飛びすぎてベースラインをオーバーしてバックアウトしてしまっていたことです。

 

ベルダスコ戦でもそうでしたが、錦織圭の考えているテンションと実際のテンションが合ってない試合が続いている気がします。
デルボニス戦でも途中からテンションを上げるシーンがありましたが、テンションの細やかな微調整に長けている錦織圭にしては2戦連続で珍しい感じがしました。

 

そして、なんと言っても一番の懸念事項が膝の怪我ですね。
第3セットの1ゲームで観た4つのダブルフォルトなんて、、、初めて観ました(笑
少し治療することで治るような、たいしたことない怪我ならば良いのですが、連日の試合になるだけに回復具合が気になるところです。

 


sponsored link

 

 

対戦相手は、キャリア通算4勝を誇るイタリアの瞬間湯沸かし器!

 

錦織圭の準々決勝の相手は、

 

マイアミオープン2017 準々決勝 フォニーニ

 

世界ランク40位ファビオ・フォニーニ(イタリア・29歳)になりました。
4回戦では、D・ヤングに、6-0、6-4と省エネの65分ストレートで退けてベスト8に進出してきました。
過去に4度の優勝をしていますが、何れもクレーコートの大会です。
錦織圭との対戦成績は、0勝2敗と未だ一度も勝っていません。
昨年のマドリードMSでは接戦の末に最後はペナルティを犯してしまい負けてしまいました。

 

フォニーニは身長178cmと錦織と同じで、サーブもそれ程速いわけではありませんが、クレーコーターらしくベースラインの外からストローク戦をしてくるプレーヤーです。
フォアハンドは思い切りがよく力強いショットを打ってきますし、バックハンドは両手で正確に両サイドに打ち分けてくる技術を持っています。
また、全般的にダブルフォルトが多い選手なので、ダブルフォルトの数も一つのバロメーターになってくると思われます。

 


sponsored link

 

フォニーニと言えば、2015年クレーコートの大会(リオ、バルセロナ)でナダルに2回勝って話題を集めました。
そして、ツアーでもかなり気性の荒い選手としても知られていて、選手や審判と何度も言い争っている姿を見かけますね。
今大会でも、2回戦のソウザとの試合後になにやらソウザと言い争っていましたが、フォニーニは一度火が付くと自分の行動が抑えられなくなってしまうんでしょうね(苦笑

 

因みに、2年前にあのナダルとも言い争ってるシーンがありました。
この時は、ナダルが途中から試合のペースをかなり落としてプレーしていたことにフォニーニが腹を立てたようですね。
また、昨年のマドリードでの錦織圭との試合でも、暴言ラフプレーなどで警告を受けています。

 

裏を返せば、フォニーニが静かにプレーしていると言うことはメンタル的に調子が良いと言うことにもなるので、錦織圭としては、フォニーニイライラさせるようなプレーを見せつけて相手の凡ミスを引き出すことも一つの対策になるかもしれません。

 

フォニーニはストローカーとしては優れた選手ではありますが、やはり全ての質において錦織圭には及ばないと思うので、この試合の一番大きな鍵は、錦織圭膝の完治具合と言うことになってくると思われます。

 

恐らくフォニーニは相手のウィークポイントを突いたテニスをしてくると思うので、錦織圭としては、サーブやリターンで積極的にウィナーを奪う速いテニスをし、2セットで片付けることが出来れば最高なんですけどね(苦笑

 

 

錦織圭準々決勝の試合開始日時と放送日時!

 

3月29日(水)15:00以降 の試合開始予定
(日本時間で、3月30日(木)4:00以降の開始予定)

 

テレビ放送の予定は、
NHK BS
3月30日(木)4:00~5:50 ライブ
GAORA SPORTS
3月30日(木)4:00~7:00 ライブ

※日本との時差は13時間です。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る