錦織圭!ジュネーブ・オープン2017の2回戦ミハイル・ククシュキン情報!

ジュネーブオープン2017 2回戦 錦織圭

 

錦織圭が急遽参戦することになったジュネーブオープンですが、ワイルドカードにて第2シードでの参戦が決まっています。

 

それにしても、このジュネーブオープンへの参戦には本当驚きました。
過去に2度優勝もして得意としていたバルセロナオープンには大会不参加で棄権
先日のマドリードオープンでもベスト8まで進出しましたが、ジョコビッチとのQFは大事を取って棄権

 

ローマに入ってから手首の調子の良さを話していたものの、やはり100%完全に回復したとは言えない状態だと思われていただけに、まさに青天の霹靂でした。
しかしながら、裏を返せばそれだけ右手首の回復が進んでいる証拠でもあるので、驚いた反面とても嬉しく感じました。

 

錦織圭は、ローマのデルポトロ戦でやりたいことが出来なかった自分に対し、よっぽど悔しかったのではないでしょうか。

 

「自分はもっとやれるはず」

「試合を重ねてプレーの質を磨きたい」

「勝つことで自信をつけたい」

 

ジュネーブオープンは初参戦で失うものは何もありません。

クレーコートでの試合に飢えた錦織圭が、どれだけハングリー攻撃的なテニスをみせてくれるのか、今から凄く楽しみです。

 


sponsored link

 

 

対戦相手は、ツアー優勝経験のあるカザフスタンのエースプレーヤー!

 

錦織圭の2回戦(初戦)の相手は、

 

ジュネーブオープン2017 2回戦 ククシュキン

 

世界ランク88位ミハイル・ククシュキン(カザフスタン・29歳)になりました。
自己最高ランキングは46位で、2010年のサンクトペテルブルクでツアー初優勝を果たしています。
ちなみに、錦織圭とは誕生日が1日違いです(笑

 

1回戦は、予選勝者のR・マルコラと対戦し、6-2、6-2のストレートで勝って2回戦に進出しました。
ククシュキンはこの試合85%の確率でファーストサーブを入れ、相手には一度もブレイクポイントを与えないという完勝でした。
先週のイタリア国際では予選1回戦で途中棄権をしていましたが、今大会ではあまりその影響は見られませんでした。

 

錦織圭との対戦成績は0勝6敗と未だ一度も勝つことが出来ていません。
クレーコートでは2012年のバルセロナOPで一度対戦して、フルセットで敗れています。

 


sponsored link

 

ククシュキンは元々はロシアの選手でしたが、2008年、スポーツに力を入れていたカザフスタンに国籍を移しました。
プレースタイルは、ロシア出身の選手に多く見られるフラット系ストロークを軸に戦うグラウンドストローカータイプの選手です。
スピン系のショットが少なめで且つスピン量も少ないため、ストロークの癖が少なくリターンはしやすいと思われます。

 

また、2016年3月のデビスカップ1回戦の対セルビア戦で、当時世界ランク1位ジョコビッチ相手に負けはしましたが、4時間57分のフルセットに渡る激闘を演じたことで一躍注目を集めました。
錦織圭にとっては鬼門の初戦ではありますが、通常通りの力を発揮できればストレートで退けて次に進むことが出来るでしょう!

 

 

錦織圭2回戦の試合開始日時と放送日時!

 

5月23日(火)18:00 の試合開始予定
(日本時間で、5月24日(水)1:00の開始予定)

※現時点では、テレビ放送の予定がありません。
※日本との時差は7時間です。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る