錦織圭!全仏オープン2017のドロートーナメント表・放送予定・試合日程!

全仏オープン2017 トップ

 

錦織圭、急遽参戦したジュネーブ・オープンは幕を閉じ、次の戦いの場は、グランドスラムの全仏オープン(フレンチオープン)になります。

 

2016年の大会では、生涯グランドスラムの掛かったN・ジョコビッチが、A・マレーを下して念願の全仏初優勝&生涯グランドスラムを成し遂げました。

勝利の瞬間には、クレーコートの上で大の字になって喜びを表現したジョコビッチ

「私にとっては特別な瞬間。これまでのキャリアで最も感動した瞬間かも知れない」と語り、本当に嬉しかったことが伝わってきた優勝でした。

 

今年は中位の選手の押し上げが強く、上位選手が早い段階で負ける試合が続いていますが、果たしてこの全仏オープンではどのような結果になるのか、楽しみなグランドスラムがいよいよ開幕します!

 


sponsored link

 

 

全仏オープン 大会概要

 

全仏オープン2017 概要

 

全仏オープン(フレンチオープン)

グランドスラム

賞金総額:16,790,000ユーロ(約20億8000万円)

開催日程:2017年5月28日~6月11日

開催場所:フランス パリ ローランギャロス

サーフェス:クレイコート

シングルドロー数:128

昨年の優勝者:ノバク・ジョコビッチ

大会公式サイト: http://www.rolandgarros.com/en_FR/index.html

 

 

全仏オープン 主な出場選手

 

ノバク・ジョコビッチ(世界ランキング1位・セルビア)

アンディー・マレー(世界ランキング2位・イギリス)

スタン・ワウリンカ(世界ランキング3位・スイス)

ラファエル・ナダル(世界ランキング4位・スペイン)

ミロシュ・ラオニッチ(世界ランキング6位・カナダ)

ドミニク・ティエム(世界ランキング7位・オーストリア)

マリン・チリッチ(世界ランキング8位・クロアチア)

錦織 圭(世界ランキング9位・日本)

アレクサンダー・ズベレフ(世界ランキング10位・ドイツ)

ダビド・ゴフィン(世界ランキング11位・ベルギー)

 

杉田祐一(世界ランキング77位・日本)

ダニエル太郎(世界ランキング102位・日本)

 

※シード順

 

ダニエル太郎は、予選を勝ち抜いて見事本戦出場を決めました。
世界ランキング5位のロジャー・フェデラーが今大会の欠場を発表しているので、錦織圭第8シードでの参戦となります。

 


sponsored link

 

 

全仏オープン 試合日程

 

1回戦 5月28日(日)29日(月)30日(火)

2回戦 5月31日(水)6月1日(木)

3回戦 6月2日(金)3日(土)

4回戦 6月4日(日)5日(月)

準々決勝 6月6日(火)7日(水)

準決勝 6月9日(金)

決勝 6月11日(日)

※何れも現地での日程になります。

 

 

全仏オープン ドロートーナメント表

 

全仏オープン2017 ドロー表

 

1回戦の相手は、タナシ・コキナキス選手に決まりました。

その後、もしランキング通りに進んでいった場合、

2回戦で、J・シャルディー

3回戦で、S・クエリー

4回戦で、A・ズベレフ

準々決勝で、A・マレー

準決勝で、S・ワウリンカ

決勝で、N・ジョコビッチと当たる組み合わせです。

 

 

全仏オープン 放送予定

 

WOWOWテレビ東京にて放送予定です。

 

WOWOWは、5月28日(日)の1回戦から、全試合生放送の予定です。

テレビ東京は、昨年同様に錦織圭の試合については生放送(場合によっては録画放送)になると思われます。

 

尚、日本との時差は7時間になります。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る