ロレックス・パリ・マスターズ2017のドロー表・放送予定・試合日程!

パリマスターズ トップ

 

10月30日から、ATP1000マスターズ最終戦である「ロレックス・パリ・マスターズ」が開催されます。
因みに、昨年までタイトルスポンサーを務めていたBNPパリバからロレックスに変わったことで、今年は大会名が変わっています。

 

また、ツアーファイナルに出場する選手を除けば今大会が長かったツアー最終戦になる選手が多く、各選手は今年を締めくくる大会と言えるでしょう。
さらに、ツアーファイナル出場が掛かっている選手にとっては、今大会での活躍がとても大事になってくるでしょう。

 

2016年の大会は、A・マレーJ・イズナーを下して、パリで初の優勝を飾っています。
因みにこの大会での優勝によって、A・マレーは念願の世界ランク1位になりました。

 

今年は世界ランク1位のR・ナダルが念願のパリ・マスターズ初優勝を飾ることが出来るのか!?
興味深い大会となりそうです。

 


sponsored link

 

 

ロレックスパリマスターズ 大会概要

 

パリマスターズ 概要

 

ロレックス・パリ・マスターズ
ATP・マスターズ1000
賞金総額:4,273,775ユーロ(約5億6,550万円)
開催日程:2017年10月30日(日)~11月5日(日)
開催場所:フランス パリ
サーフェス:ハードコート
ドロー数:48
昨年の優勝者:アンディ・マレー

大会公式サイト: https://www.rolexparismasters.com/

 

 

ロレックスパリマスターズ 主な出場選手

 

ラファエル・ナダル(世界ランキング1位・スペイン)
マリン・チリッチ(世界ランキング4位・クロアチア)
アレクサンダー・ズベレフ(世界ランキング5位・ドイツ)
ドミニク・ティエム(世界ランキング6位・オーストリア)
グリゴール・ディミトロフ(世界ランキング8位・ブルガリア)
ダビド・ゴフィン(世界ランキング10位・ベルギー)
パブロ・カレーニョブスタ(世界ランキング11位・スペイン)
ジョン・イズナー(世界ランキング13位・アメリカ)
サム・クエリー(世界ランキング14位・アメリカ)
ジョー・ウィルフリード・ツォンガ(世界ランキング15位・フランス)
ケビン・アンダーソン(世界ランキング17位・南アフリカ)
ファン・マルティン・デルポトロ(世界ランキング19位・アルゼンチン)
ロベルト・バウティスタ アグート(世界ランキング21位・スペイン)
アルベルト・ラモス ビノラス(世界ランキング22位・スペイン)
ジャック・ソック(世界ランキング23位・アメリカ)
ルカ・プイユ(世界ランキング25位・フランス)

杉田祐一(世界ランキング38位・日本)

※シード順(世界ランキングは大会前のランキングです)

直前まで参戦予定だったロジャーフェデラーが、背中の怪我により急遽欠場を発表しました。

 

 

ロレックスパリマスターズ 試合日程

 

1回戦 10月30日(月)10月31日(火)
2回戦 10月31日(火)11月1日(水)
3回戦 11月2日(木)
準々決勝 11月3日(金)
準決勝 11月4日(土)
決勝 11月5日(日)
※何れも現地での日程になります。

 


sponsored link

 

 

ロレックスパリマスターズ ドロー表

 

パリマスターズ ドロー表

 

欠場になった第2シードのR・フェデラーに代わり、第17シードとしてL・プイユ(フランス)が同じドローに入りました。

 

また、本戦出場予定の日本人選手の1回戦の相手は下記の通りです。
杉田祐一
第8シードのP・カレーニョブスタ山で、予選勝者のP・クライノビッチ(セルビア)に決まりました。

 

 

ロレックスパリマスターズ 放送予定

 

NHK・BS1と、GAORA SPORTS(スカパー)にて放送予定です。

 

GAORA SPORTSは、10月30日(月)の1回戦からライブ放送の予定、
NHK・BS1では、2回戦から決勝戦までの7試合を生中継で放送を予定しています。

 

また、インターネットのLive配信としてスポナビライブでも放送予定です。
スポナビライブは、1回戦と2回戦は無料で、3回戦から決勝までは有料配信となります。

 

尚、日本との時差は7時間になります。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る