モンテカルロ・マスターズ2018 錦織圭の決勝!放送予定と対戦相手情報!

錦織圭準決勝の試合開始日時と放送日時は、

 

4月22日(日)14:30時頃 の試合開始予定

(日本時間で、4月22日(日)21:30以降の開始予定)

 

放送予定は、

 

NHK BS1

4月22日(日)21:30~(23:30) ライブ

 

GAORA SPORTS

4月22日(日)21:20~25:00 ライブ

 


sponsored link

 

 

対戦相手は、クレーコートで.918の驚異的な勝率を誇る赤土の申し子!

 

錦織圭の決勝の相手は、第1シードで世界ランクも1位のラファエル・ナダル(スペイン・31歳)に決まりました。
決勝までは1セットも失うことなく勝ち上がってきているため、体力的にもまだ余裕がありそうです。

 

準決勝ではグリゴリー・ディミトロフを6-4、6-1で下して決勝戦に進んできました。
そして、なんといっても圧巻だったのは準々決勝のティエム戦ですね。
昨年クレーコートで唯一負けた相手に対して全く隙を見せつけずの6-0、6-2の完勝は、まさに圧巻の一言でした。

 

錦織圭との対戦成績はナダルの9勝2敗と圧倒的ですが、
直近では2016年リオ五輪のメダル決定戦で対戦し、6-2、6-7、6-3のフルセットで錦織圭が勝っています。
そういえば、この試合でも錦織圭は2セットで終わらせれるチャンスがあったのですが、決めきれずに相手を蘇らせてしまいフルセットマッチになった経緯がありましたね。

 

ナダルは、サービスのスピードこそありませんが、ファーストサーブの確率やプレースメントがいい印象があります。
そして、回転をかけたスピン系のフォアのストロークの強打で、
ガンガン打って相手のミスを誘ってきます。
そのうえミスも少ないので、長いストローク戦になればなるほど強さも発揮してきます。

 

特にナダルがほかの選手と比べて異質なのはスピン量(回転数)ではないでしょうか。
なんと他の選手と比べて平均で30%近く多いそうで、マックスも5000rpm程の数値を誇ります。
同じBIG4のジョコビッチやマレーがマックスで2700~2800くらいなので、とにかくナダルの球の回転量が多いことがわかります。
これだけ回転量が高いトップスピンのかかったボールが飛んでくるとなると、リターンをするにも一筋縄にはいきませんよね。

 

さらに、筋肉粒々で身体もタフで、メンタルも強いのでミスで自滅するようなテニスは殆どありません。
(ナダルがラケットを折ったり投げたりしたところは今まで見たこともありません)
まさに、『心・技・体』のすべてが優れた一流の選手であると言えるでしょうね。

 

しかし、そんなナダルでも、必ずは生まれます。
錦織圭がズべレフ戦で魅せたような多彩なショットで翻弄したり、今大会調子のいいバックハンドからの攻撃が決まれば、いくらクレーキングのナダルといえどもどうなるかわかりません。
どんな試合になるか、とても楽しみです。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る