マドリード・オープン2018 錦織圭の1回戦!放送予定と対戦相手情報!

錦織圭のマドリード・オープンは、ノーシードでの参戦となりました。
モンテカルロ・マスターズで準優勝を成し遂げたモノの、未だ世界ランキングは20位以下でマスターズのシード選手には選ばれないため、初戦から厳しいドローも覚悟しなければなりません。

 

昨年のマドリードでは第6シードとして出場しベスト8まで勝ち上がりましたが、右手首痛の再発のため準々決勝のジョコビッチ戦を前に棄権することになりました。

 

ただし錦織圭はこのマドリードの大会を得意としていて、2015年はジョコビッチに敗れベスト4、2016年はマレーに敗れベスト4、2014年はナダルに敗れ準優勝、といずれも優勝者に敗れはしていますが良い成績を残しており、サーフェスの相性は悪くないと思われます。

 

いろんなところで話題にはなってますが、2014年の決勝ナダル戦は怪我で途中棄権という結果になりましたが、6-2 4-2とリードをしてマスターズ初制覇まであと2ゲームと近づきました。

 

今年の大会は、身体の疲労と手首の回復具合が気になるところですが、初戦から錦織圭特有の身体のバネを使った躍動するプレーが観れることを期待したいところです。

 

 

 

対戦相手は、今年怪我から復帰してきたBIG4の一角で元世界ナンバーワン選手!

 

錦織圭の初戦の相手は、世界ランク12位のノバク・ジョコビッチ(セルビア・30歳)になりました。
元世界ランキング1位で、2014年7月から2016年11月までの223週間連続で1位を在位するというもの凄い記録を持っています。

 

ツアー優勝(シングルス)は68勝、内グランドスラムの優勝も12回あり、キャリアグランドスラム(全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドン選手権、全米オープンの全てを制覇)達成者でもあります。

 

錦織圭との対戦成績はジョコビッチの11勝2敗で、直近では、昨年のマドリードで対戦予定でしたが怪我で不戦勝でした。
因みに2014年の全米オープン以降は、錦織圭は一度もジョコビッチに勝てておらず、2016年はマスターズ初優勝の壁として立ちはだかるケースもよく見られました。

 

2016年のローマ・マスターズ決勝でも対戦しており、この時はファイナルセットタイブレークの末にジョコビッチに敗れてしまいましたが、一挙手一投足に息を呑む二人のもの凄いプレーに圧倒されました。
真の頂上決戦とはこのような試合のことを指すんだろうなぁと実感した試合でもありました。

 

ジョコビッチといえば、オールラウンドにプレー出来るアグレッシブなベースライナーで、深く鋭いグランドストロークや、精度の高い広角なバックハンドが武器の選手です。
また、身体の柔軟性やリーチを生かして無理と思われる球を拾って正確に返球したり、左右に振られても直ぐに切り返すことが出来る広いコートカバーリング力を持つリターナーとしてもかなり優れています。

 

さらに、状況に応じたポジショニングやドロップショットなどの変化を付けたショットで相手を翻弄することも出来るので、ストローク戦でウィナーを決めるのが難しい選手の筆頭です。

 

 

 

そんなジョコビッチですが、怪我から復帰してきた今年はかなり苦戦を強いられており、これまで5勝5敗という成績しか残せておりません。
先日のバルセロナ・オープンでは、マルティン・クリザンにフルセットで敗れるなど、まだ本調子で無いのは明らかです。

 

2017年に右肘の怪我で長期休養を発表して治療に当たり、今年途中に手術をして再復帰をしましたが、やはり未だ試合感が足りてないような気がしますね。
特に全盛期と比べるとリターンが悪いような気がします。
ストロークも浅いし、相手の嫌なところに打ち返せていない気がします。

 

ただしバイダコーチと合流して良いプレーが出て来ているのは確かで、モンテカルロマスターズでは随所に素晴らしいプレーをみせて観客を魅了していました。

 

2年前のマドリードでは準決勝で対戦した二人が、今回は初戦で対戦になるのは残念と言うしか有りません。
錦織圭はスロースターターなので起ち上がりからギアを入れて戦うことが出来るのか、とても楽しみな一戦になりそうです。

 

 

1回戦の試合開始日時と放送日時!

 

5月7日(月)16:00以降 の試合開始予定

※センターコートの第3試合(1試合目は12時開始予定)

 

(日本時間で、5月7日(月)23:00以降の開始予定)

 

 

放送予定は、

 

NHK BS
5月7日(月)23:00~25:00 ライブ

 

GAORA SPORTS
5月7日(月)19:00~翌8:30 ライブ

 

尚、日本との時差は7時間(日本の方が進んでいる)になります。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る