錦織圭 全仏オープンテニス2018!4回戦の放送予定と対戦相手情報!

錦織圭4回戦の試合開始日時と放送日時は、

 

6月3日(日)13:00 頃の試合開始予定

※センターコートの第2試合(1試合目は11時開始予定)

(日本時間で、6月3日(日)20:00頃の開始予定)

 

放送予定は、

WOWOW

6月3日(日)17:55~ ライブ

 

テレビ東京

6月3日(日)19:54~ ライブ

対戦相手は、クレーコートで快進撃を続けるナダルを唯一止めた次世代のクレーキング!

 

錦織圭の4回戦の相手は、世界ランク8位のドミニク・ティエム(オーストリア・24歳)になりました。
3回戦は、マテオ・ベレッティーニ(イタリア)をセットカウント3-1で下して4回戦に進んできました。

 

錦織圭との対戦成績は、ティエムからみて0勝2敗となっています。
直近の対戦は、2016年ローマの準々決勝で対戦して、錦織圭がストレートで勝っています。
2年前とは言え、クレーコートでティエムに勝っているで今回も大いに期待が持てます。

 

ティエムは右利きでバックハンドは片手打ちの選手で、ツアー通算10勝のうち8勝がクレーコートでの試合というクレーコーターで、今年も既に2つのクレーコートの大会で優勝を飾っています。

 

身長は185cmとツアー界では別段大きい方ではありませんが、220kmを越える強力なサーブを打ってきます。
また、フォア、バック共に回転を掛けた力強いショットを打ってくるアグレッシブなストローカーでもあります。

 

ただしストローク戦に強い反面、ネットプレーがそれほど得意ではなく、ボレーやドロップショットはあまり使ってきません。
片手バックの選手は球を打ってから直ぐに前に出る動きをとりやすいことからネットプレーが得意な選手が多いのですが、ティエムはそれ程でもありません。
この辺は現クレーキングのナダルとは違い、まだまだ学習途上という所でしょうか。

 

そして、ティエムは「フィジカルお化け」といわれるくらいフィジカルに強い選手で、これまでは怪我という怪我は殆どありません。
2016年はATP250クラスの大会にも積極的に参加し、実に82試合という膨大な試合数をこなしています。

 

昨年も76試合、今年もコレまで既に40試合を戦い抜いてきています。
2017年のブリスベン大会では錦織圭と組んでダブルスにも出場するなど、二人はお互いにリスペクトし合っている仲でもあります。

 

ティエムはセカンドサーブをペールのように叩いてくる選手では無いので、じっくりラリー戦に持ち込むことは出来ると思います。
しかしながらアグレッシブな打ち合いからの攻撃を得意としているので、錦織圭がシモン戦と同じようなストローク合戦に付き合ってしまうと攻撃を受ける可能性が生じてきます。
そのため、出来るだけ早めにウィナーを狙ったプレー運びを展開していくことも大事になってくるでしょう。

 

久しぶりのフランス人以外の選手との対戦になるので、アウェー感をそれほど受けずにすむのは助かりますね。笑

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る