錦織圭の放送見るならどこがいい?全部見たけりゃここが一番!

    

ケガからの復活でコート上で躍動する姿を見せてくれてる錦織圭。
錦織ファンとしては全ての試合を見たいですよね。
いろいろある視聴手段ですが視聴料金、放送大会数を比べてみました。
お得な視聴料支払い方法と一緒にご紹介します。

毎月の視聴料金を比較

まず気になるのは視聴料金ですよね。

WOWOW
月額:2,484円(税込)※初月無料
オンデマンド配信(WOWOW加入者限定:無料)

 

GAORA
月額:1,296円(税込)+基本料421円(税込)=1,717円(税込)
加入料:現在は無料
オンデマンド配信(GAORA加入者限定:無料)

 

DAZNダ・ゾーン)ネット配信
月額:一般1,890円(税込)ドコモユーザー1,058円(税込)
インターネット通信料必要
※初めて申し込み31日間無料

 

単純に比べるとWOWOWが若干高めですね。
GAORAですが以前は加入料が3千円くらい必要でしたが現在は無料となっています。
DAZNのドコモユーザー料金の安さが目を引きますね。

料金で見るとなんと言ってもDAZNドコモユーザーですよね。が、肝心なのは放送する試合(大会)です。
WOWOWについては今年2月に配信が開始されたオンデマンド配信に注目です。テレビでは放送されない試合をカバーする内容になっています。

次に実際に放送されてる大会について比べてみます。

 

放送される試合(大会)を比較

※2018年の放送内容です。

WOWOW
テレビ放送
・グランドスラム(4大会/4大会)
・楽天オープン
・ATP250(2試合)
・デビスカップ
・フェドカップ
オンデマンド配信
・ツアーファイナル
・マスターズ1000(9大会/9大会)
・ATP500(10大会/13大会)
・ATP250(12大会/40大会)

 

GAORA
テレビ放送
・ツアーファイナル
・マスターズ1000(9大会/9大会)
・ATP500(9大会/13大会中)
オンデマンド配信
・テレビ放送と同内容(一部除く)

 

DAZN(ダ・ゾーン)
ネット配信
・ATP250(19大会/40大会)
・デビスカップ

 

料金が一番安かったDAZNですが、配信内容はATP250のみとなっています。
錦織圭はATP250の大会だと2017年に3大会、2018年に2大会の出場となっており、ちょっと物足りないですよね。

GAORAマスターズ1000の大会全てとATP500が13大会中9大会(4大会は開催時期が重なっています)が放送内容となています。
錦織圭等上位選手はATP500の13大会のうち4大会に出場する義務があります。
錦織圭が2018年に出場した4大会のうち楽天オープンを除く3大会がGAORAで放送されました。
オンデマンドはテレビ放送と同内容(一部除く)になります。

WOWOWはテニス4大大会であるグランドスラムをメインに日本で唯一開催されるATPツアー楽天オープンが放送内容となっています。
ビッグな大会が年に4回2周間に渡りみっちり放送されるわけですが、マスターズATP500ATP250も気になりますよね。

そこで登場したのがWOWOWオンデマンド配信(2018年2月末スタート)。
配信内容が濃い!マスターズは全て、ATP500も13大会中配信されていない3大会はオンデマンド開始前の2大会とテレビで放送される楽天オープンの1試合、さらにATP250も多数。
これだけ放送してくれると錦織圭出場の試合はすべて網羅してるでしょううね。

さらにオンデマンド配信ですがグーグルクロームキャストを接続することによりテレビでも視聴が可能です。

以下WOWOWサイトから引用
Google Chromecastとは
Wi-Fi環境下で、テレビのHDMI端子と電源に接続して利用するメディア ストリーミング デバイスです。
スマホで楽しんでいたコンテンツをテレビの大画面でも楽しめます。
Google Chromecastは、Google Inc.の商標です。

 

お値段は5千円前後だし、さらなる用途としてYoutubeやHuluなどの動画サービスはもちろん、自分で撮影した動画や、スマホゲームアプリを大画面テレビで楽しむこともできます。
以上より、放送内容についてはWOWOWが申し分ない内容となっているのではないでしょうか。

後はやはりほかより高めの料金ですよね。
ということで、少しでも安くをテーマにいろいろ考えてみました。

 

視聴料金節約方法をケース別に紹介!

WOWOWは加入料0円、初期費用0円、加入月視聴料0円で始められ、解約も再加入も手数料無料となっています。
また、解約後1ヶ月空ければまたまた加入月視聴料0円で始めることができます。
この辺をうまいこと利用してできるだけ安く視聴したいですよね。

 

ケース1
とりあえずは今シーズンについてですね。
錦織圭、今シーズンは残り4大会に出場を予定しています。
・10/8~ マスターズ1000 上海マスターズ
・10/22~ ATP500 エルステ・バンク・オープン
・10/29 マスターズ1000 パリマスターズ
・11/11 ツアーファイナル

10月と11月の二月間です。
この4大会はオンデマンド配信が予定されています。
加入月視聴料0円を利用して、10月に申し込み11月の一月分の視聴料で楽しみましょう。
11月中に解約するのを忘れないように。

WOWOWは先払い制なので11月分の視聴料は10月末に請求されます。
よって解約月いっぱい視聴は可能ってことです。

次にシーズン1年間で考えてみたいと思います。

 

ケース2
放送される大会、配信される大会すべて見ようと思えば、テニスは1月から11月まで行われるので、1月(初月無料)に加入して11月に解約すれば10ヶ月分で
2,484円×10ヶ月=24,840円になります。

 

ケース3
グランドスラムだけ視聴した場合だと2019年のグランドスラムの開催予定は、
1/14~1/27 全豪オープン
5/27~6/9 全仏オープン
7/1~7/14 ウィンブルドン
8/26~9/8 全米オープン
1月、5月~9月に開催されます。
1月に加入して2月に解約、1ヶ月分視聴料 
5月に加入して9月に解約、4ヶ月分視聴料
2,484円×5ヶ月=12,420円になります。

 

ケース4
私的にはこのケースがベストかなと思っているのですが、
NHK・BS1によって全豪オープンとウィンブルドンについては錦織圭の試合が生中継されているので、残りの全仏オープンと全米オープンをWOWOWで視聴した場合、
5/27~6/9 全仏オープン
8/26~9/8 全米オープン
5月~6月、8月~9月に開催されます。
5月に加入して6月に解約、1ヶ月分視聴料 
7月を1ヶ月空けることが重要
8月に加入して9月に解約、1ヶ月分視聴料
2,484円×2ヶ月=4,968円になります。

 

まとめ

錦織圭の試合を出来るだけたくさん出来るだけ安く見たいと思いいろいろ調べた結果、WOWOWが最もお勧めかなという結果に至りました。

1991年に開局したWOWOWは翌年の1992年にはウィンブルドンを除くグランドスラムの放送をスタートさせていました。(ウィンブルドンは2008年開始)
言わゆるテニス放送のベテランなわけで、錦織圭ファン、テニスファンが期待する放送内容、視聴料金設定を心得ているのも納得できます。

私がお勧めするのはケース1ケース4です。
今年の残り4大会(3大会になるかも?)を視聴料1ヶ月分でしっかり堪能して、来年になったら全仏オープンが開催される5月と全米オープンが開催される8月に加入しましょう。両方とも翌月には解約ですからね。

テニスのテレビ放送はNHK・BS1BS朝日テレビ東京など放送してくれる局がいろいろあります。
錦織圭の試合に限ればこれらの局で、ATP500マスターズ1000は放送してくれるのでしっかり利用して、できるだけ安くテニス観戦しましょう。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る