錦織圭 パリ・マスターズ2018のドロートーナメント表!出場選手・賞金!

錦織圭が出場するロレックス・パリ・マスターズ2018についての情報をお届けします。大会経過、錦織圭の活躍とともに記事の更新を行います。

  パリ・マスターズ2018 記事内 

今大会7度目の出場となる錦織圭、現在世界ランク11位、第10シードでの出場となりました
第1シードはナダル、第2シードはジョコビッチ、第3シードはフェデラー、第4シードはズベレフ。
ズラ~っと強敵が参戦しています。マスターズだから当然ですけどね。

錦織圭の1回戦はBYE。2回戦以降世界ランク通りに勝ち上がってきた場合、2回戦で世界ランク44位フランスのエイドリアン・マナリノ。3回戦で世界ランク8位南アフリカのケビン・アンダーソン。

準々決勝で世界ランク3位スイスのロジャー・フェデラー。準決勝で世界ランク2位セルビアのノバク・ジョコビッチ。決勝で世界ランク1位スペインのラファエル・ナダルとの対戦となります。

ロレックス・パリ・マスターズ ドロートーナメント表

パリマスターズ2018 ドロー表1

パリマスターズ2018 ドロー表2

===============================================

ロレックス・パリ・マスターズ ハイライト

Highlights Day 1

Highlights Day 2

Highlights Day 3

Highlights Day 4

Quarter-Final Highlights

Semi-Final Highlights

Final Highlights

===============================================

ロレックス・パリ・マスターズ メイン試合予定と結果

 

4日(日)【男子シングルス 決勝

センターコート 第二試合 23時00分以降の試合開始予定 
ノバク・ジョコビッチ 2位 VS カレン・カチャノフ 18位

カチャノフ、マスターズ初のタイトル!
       ジョコビッチ、連勝22でストップ!
パリマスターズ2018 F

===============================================

3日(土)【男子シングルス 準決勝

センターコート 第二試合 22時00分以降の試合開始予定 
ドミニク・ティエム 8位 VS カレン・カチャノフ 18位

パリマスターズ2018 SF2

センターコート 第二試合 4日(日)0時30分以降の試合開始予定 
ロジャー・フェデラー 3位 VS ノバク・ジョコビッチ 2位

パリマスターズ2018 SF1

===============================================

2日(金)【男子シングルス 準々決勝

センターコート 第四試合 3日(土)4時30分以降の試合開始予定 
錦織圭 11位 VS ロジャー・フェデラー 3位

錦織圭、8強止まり!フェデラーの壁崩せず!
パリ・マスターズ2018 錦織圭 準々決勝

===============================================

1日(木)【男子シングルス 3回戦

センターコート 第六試合 2日(金)4時30分以降の試合開始予定 
錦織圭 11位 VS ケビン・アンダーソン 6位

錦織圭、ウィーンのリベンジ果たし8強!
パリマスターズ2018 錦織圭 3回戦

ケビン・アンダーソンを6-4、6-4で退けて、準々決勝に進出しました。この試合の錦織圭はとにかくフォアハンドが冴えていました。ラリーにおけるフォアハンドのミスは1本だけで、多少上に上がったボールでもしっかりトップスピンが効いていたことでライン際に落ちていたので、アンダーソンにとってはかなり厄介だったと思われます。

また、先週の試合と比べてもアンダーソンのサーブをしっかり読んでリターンが出来ていたので、ストローク戦で有利に立てていました。そして、1セット目のファーストゲームで、アンダーソンのミスからいきなりブレーク出来たことで、メンタル的に有利に試合を展開できたことも大きかったですね。

こういったプレーの良さもあって、結局アンダーソンに一度もブレークチャンスを与えること無く勝利することが出来たのお見事でした!因みに、ファーストサーブで取ったポイントが86%、セカンドサーブで取ったポイントが68%とサービスゲームではアンダーソンはノーチャンスに近い状態でした。

気になったのは、得意のはずのバックハンドの精度があまり良くなかったことでしょうか。後半多少持ち直してはいましたが、次の試合は一つのミスが命取りになる大事な試合になる可能性が高いので、しっかり修正して挑んで欲しいところです。

ツアーファイナルの自力での進出を目指して、1戦必勝で頑張って欲しい!

===============================================

31日(水)【男子シングルス 2回戦

センターコート 第一試合 19時00分試合開始予定 
錦織圭 11位 VS アドリアン・マナリノ 46位

錦織圭、ストレート勝ちで初戦突破!
     勝負どころでスーパーショット炸裂!
パリ・マスターズ2018 錦織圭 2回戦

スーパーショット!

 

エイドリアン・マナリノを7-5、6-4で退けて、3回戦に進出しました。

2回しかなかった少ないブレークチャンスを見事に生かしたのはお見事でした。1セット目は、前戦からの疲れが残っていたのか凡ミスが多くてなんだかしっくりこないテニスをしてた錦織圭でしたが、2セット目は隙の無いテニスが戻ってきた印象でした。

この試合のスタッツをみても、錦織圭のアンフォースドエラーの数は24本だったのですが、うち18本は1セット目に記録した数で2セット目は6本に抑えていました。

2セット目は、ファーストサーブが入ったときのポイントが85%、セカンドサーブが入ったときのポイントが90%と、マナリノはほぼノーチャンスでした。次戦もこの調子でサービスゲームを有利に進めて欲しいところです。

大会初戦と言うこともありサーフェスの状態を確認しながらのテニスだったせいか、ここ最近に比べて若干アグレッシブなプレーが少なかった気はしましたが、次戦以降は対戦相手も更に強力になるので、ネットプレーを始めもっとアグレッシブなテニスをして欲しいですね!

ツアーファイナルという目標を目指し、どれだけハングリー精神をもって試合に挑むことが出来るのか、楽しみな試合になりそうです。

ロレックス・パリ・マスターズ 大会概要

大会名:ロレックス・パリ・マスターズ(パリ・マスターズ)
カテゴリ:ATPマスターズ1000
シングルドロー数:48
サーフェス:インドアハード
開催場所:フランス パリ
開催日程:2018年10月29日~11月4日
賞金総額:4,872,105ユーロ(約6億2,700万円)
昨年の優勝者:ジャック・ソック
大会公式サイト: www.rolexparismasters.com

 

    マスターズ1000

今年のATP1000マスターズ最終戦「ロレックス・パリ・マスターズ」。

錦織圭とイズナーの実質的なツアーファイナル最終枠を掛けた争いも目が離せません。
また、ツアー最後まで来ると、毎年ながら怪我で戦列を離れている選手も続出しているため、波乱が起きやすい大会とも言えます。

その典型が昨年の今大会で、フェデラー、ジョコビッチ、マレー、ワウリンカ、錦織圭などの上位

選手達が挙って欠場するという極めて珍しい大会となりました。

そんな中、第1シードで孤軍奮闘していたナダルもベスト4を掛けた試合の前に棄権をしてリタイアとなり、4強に残ったのは予選勝者のクライノビッチ、第9シードのイズナー、ワイルドカードのベネトー、そして第16シードのソックという、マスターズにしては極めて珍しい顔ぶれになりました。

結局、決勝に勝ち上がったジャック・ソック(アメリカ)がクライノビッチを破って自身マスターズ初優勝を飾ることになりました。
ちなみにソックはこの優勝で1000ポイントを獲得し、ツアーファイナル最後の枠に滑り込む快挙も果たしています。

今年もデルポトロやゴフィンなどの上位選手が怪我で欠場になりますが、ジョコビッチ、フェデラー、ナダルというBIG4のうち3人が戻ってくることで、締まった大会になる可能性がありそうです。

中でもジョコビッチの安定感は半端なく、現在ツアー18連勝中(ウィンブルドン以降は28戦27勝)という驚異の成績を残しています。

今年の大会は、恐らくこのジョコビッチが大本命になることでしょう。

ロレックス・パリ・マスターズ 賞金とポイント

今大会はマスターズ9戦目。年間9大会行われるマスターズの最後の大会になり、各大会の賞金は下のようになります。
優勝賞金は1億を超えてますからね。気になるのはここまでの8大会で誰がその1億をかっさらってったか?笑
インディアンウェルズ:デルポトロ
マイアミ:イスナー
モンテカルロ:ナダル
マドリード:ズベレフ
ローマ:ナダル
カナダ:ナダル
シンシナティ:ジョコビッチ
上海:ジョコビッチ

なんとナダルは3回!ジョコビッチも2回です。
ナダルは4億くらい稼いじゃってますね。
ちなみにマスターズの優勝回数はナダルが33回で1位。ジョコビッチが32回で2位となっています。
凄すぎますね。
ご存知の通り錦織圭はマスターズの優勝がないんですよね。準優勝は4回ありますが。
そろそろマスターズの栄冠に輝いてほしいですね。

パリ・マスターズ2018 賞金1

パリ・マスターズ2018 賞金2

パリ・マスターズ2018 賞金3

ロレックス・パリ・マスターズ 出場する凶暴選手

ラファエル・ナダル(世界ランキング1位・スペイン)
ノバク・ジョコビッチ(世界ランキング2位・セルビア)
ロジャー・フェデラー(世界ランキング3位・スイス)
アレクサンダー・ズベレフ(世界ランキング5位・ドイツ)
マリン・チリッチ(世界ランキング6位・クロアチア)
ドミニク・ティーム(世界ランキング7位・オーストリア)
ケビン・アンダーソン(世界ランキング8位・南アフリカ)
ジョン・イズナー(世界ランキング9位・アメリカ)

錦織 圭(世界ランキング11位・日本)

※10/22付の世界ランキング順

上位16シードまでが1回戦は免除され、2回戦からの出場となります。
デルポトロ、ゴフィン、チョンヒョン、キリオスは怪我で欠場になりました。

ロレックス・パリ・マスターズ 激戦日程

1回戦 10月29日(月)10月30日(火)
2回戦 10月30日(火)10月31日(水)
3回戦 11月1日(木)
準々決勝 11月2日(金)
準決勝 11月3日(土)
決勝 11月4日(日)

※日本とパリの時差は8時間で、日本の方が8時間進んでいます。

ロレックス・パリ・マスターズ 放送予定

NHK・BS1GAORA SPORTSにてテレビ放送予定です。
GAORA SPORTSは、10月29日(月)の1回戦からライブ放送の予定です。
NHK・BS1は、錦織圭が出場する試合を中心に放送予定です。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る