錦織圭の試合予定!エルステ・バンク・オープン2018 準決勝の放送・対戦相手!

錦織圭 11位 VS ミハイル・ククシュキン 71位

【試合日時】

10月27日(土)21時00分 試合開始予定
※日本時間です。

【放送予定】

BS朝日GAORA SPORTS(スカパー)にて放送予定です。

BS朝日
10月27日(土) 21時00分〜 ライブ

GAORA SPORTS
10月26日(金) 20時58分〜 ライブ

尚、日本との時差は7時間になります。

 

対戦相手は、錦織には未だ一度も勝ったことがないカザフスタンのNo.1プレーヤー!

 

錦織圭が出場するエルステ・バンク・オープン2018の準決勝についての
対戦相手等についての情報をお届けします。

エルステ・バンク・オープン2018 記事内

錦織圭の準決勝の相手は、世界ランク71位のミハイル・ククシュキン(カザフスタン・30歳)になりました。右利きで、バックハンドは両手打ちの選手です。

準々決勝ではフチョビッチと3時間18分の激闘を繰り広げ、フルセットの末に逆転で勝って準決勝に

進んできました。また、1回戦では第3シードのディミトロフを破る金星を挙げています。

錦織圭との対戦成績は、ククシュキンの0勝7敗とまだ一度も勝てていません。
直近の対戦は2017年のジェネバOP(クレーコート)で、ストレートで敗れています。

ククシュキンはバランス型のベースライナーで、ストローク戦が得意な選手です。特に秀でたショットなどはありませんが、コツコツと拾ってストローク戦に持ち込む試合が多いため、試合時間も割かし長くなる傾向があります。粘り強く打ち合って相手選手からアンフォースドエラーを引き出すようなスタイルでしょうか。

因みに2010年のインドアハードコートのサーフェスでツアー初優勝を飾っていますが、今のところタイトルはこの一度きりで、その後は優勝から遠ざかっています。

ツアーでは50位~100位あたりをウロウロしている選手で中々とびぬけた成績を収めているわけではありませんが、デビスカップになると、カザフスタンのエースプレーヤーとして素晴らしい活躍をしたりします。

特に主だった選手がいないカザフスタンがワールドグループで活躍出来ていたのは、偏にこのククシュキンの力によるものだと思います。印象深い試合としては、2016年のデビスカップ1回戦で当時世界ランク1位で絶好調だったジョコビッチに対して、5時間にわたるフルセットの激闘をしたことでしょうか。

結果負けてしまいますが、試合後にジョコビッチが「体力的にも精神的にも、キャリアの中で最も厳しい試合だった」と話したように、この試合が如何にすごい試合だったのかがわかります。

今大会のククシュキンは、予選から勝ち上がっているうえ準々決勝では3時間を超える試合をしておりフィジカル的には厳しい状況にあると思われます。しかしながらククシュキンは中々タフでフィジカルに強い選手なので、錦織圭との大事な一戦でもしぶといプレーをしてくることでしょう。

両者の見どころのあるストローク戦が観られるかもしれませんね!

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る