錦織圭準々決勝!BNLイタリア国際2016の対戦相手と放送予定

錦織圭 ローマ 準々決勝 トップ

 

錦織圭BNLイタリア国際(イタリア・ローマ)は3回戦が行われ、R・ガスケ 6-1、6-4のフルセットの末に勝利して3回戦に進出しました。

 

起ち上がりは体調不良が心配でどうなることかと思いきや、圧倒的な強さを発揮して完璧にゲームを支配した錦織圭が、あっさり第1セットを奪いました。

 

錦織圭の第1セットは、ファーストサーブの確率こそ58%と低かったのですが、アンフォースドエラーが4本と少なかったことがこのセットを圧倒出来た要因だったと思います。

 

第2セットからはスタミナにも気を遣ったプレイが多く見られるようになり、ゲームの展開によっては、ガスケのストロークやショットに対して殆ど追わないようなプレイが見受けられました。

 

言い方が悪いのですが、いわゆる『捨てゲーム』というやつでしょうか。。。

 

勿論、サービスをしっかりキープできればそんな省エネ戦法も有効だったのかもしれませんが、流石にガスケも途中から深いストロークが入るようになり、ゲームを取り戻していきます。

 

最終的にはギアを上げた錦織圭が勝ちきりましたが、最後はガスケ自身もミスが多くなり本人がもの凄くイライラしてる様子が伝わってきました。

 

それにしてもこの試合の錦織圭、1ゲームの中で3連続ネット(サーブ)や、3回のダブルフォルトなど、あまり起こらないプレーが出て冷や冷やしました(苦笑

 

なにはともあれこれでベスト8進出となりポイントもディフェンドすることが出来ました。

 

後は変なプレッシャーを感じることなく、全仏OPへの“調整”という感じで戦って貰えれば、自ずと上への道は開けていくのでは無いかと期待しております。

 


sponsored link

 

 

対戦相手は、今季ファイナル進出もあり得る若手成長株プレーヤー!

 

錦織圭の決勝戦の相手は、

 

ティエム ローア 準々決勝

 

世界ランク15位のドミニク・ティエム(オーストリア・22歳)になりました。

 

3回戦は、久しぶりの復帰戦になったR・フェデラーをストレートで下しての勝ち上がりです。

 

フェデラーが本調子では無かったとは言え、たくさんのウィナーを叩き込んでの快勝は自信になったかもしれませんね。

 

対戦成績は、錦織圭から見て1勝0敗ですが、この1勝は芝の大会ということであんまり参考にならないかもしれません。

 

いかんせん、ティエムはクレーコートが得意な選手ですので。。。

 

ティエムガスケと同じでベースラインの後ろに下がってゆっくりとした試合運びをしてきます。

 

なので錦織圭としては、ガスケ戦同様に速い展開でティエムに間を与えないような試合展開が求められるのかなと思います。

 

少しでも遅いボールが返ると強力なショットを叩き込んでくるので、錦織圭はセカンドサーブの時にいかにポイントを取ることが出来るかが鍵になってくると思われます。

 

またティエムは、185cmの背格好からはあまり想像できないような、かなり強力なファーストサービスを打ち込んでくるので、錦織圭としては相手のセカンドサーブを叩いて試合の主導権を握ることも大事になってくるでしょう。

 

そして、フットワークが素晴らしいので、フェデラー戦でも何度もウィナー級のドロップショットを返してました。

 

錦織圭としても、安易にはドロップショットを使いづらいかもしれません。

 

しかし、ティエムは(マレーのように)セカンドサーブをガンガン叩いてくるような選手では無いので、ガスケ戦のような速い展開で得意のダウンザラインを叩き込んで主導権を握ることが出来れば、今の錦織圭ならばストレートで勝ち上がることが出来ると思います。

 

厳しい相手なのは間違い有りませんが、勝てない相手でもないので、ここを勝ち上がってナダルジョコビッチの勝者にリベンジをかまして欲しいと思います。

 

 

錦織圭準々決勝の試合開始日時と放送日時!

 

5月13日(金)午後9:00 試合開始予定

(日本時間で、5月14日(土)午前4:00以降の開始予定)

 

 

テレビ放送の予定は、

 

NHK BS1チャンネル

5月13日(金) 28時00分~ 生中継

 

GAORA SPORTS

5月13日(金) 28時00分~翌7時00分 生中継

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る