錦織圭参戦!ロジャーズカップ2016の3回戦ラジーブ・ラム情報と放送予定!

ロジャーズカップ2016 3回戦 トップ

 

錦織圭ロジャーズ・カップは初戦の2回戦が行われ、D・ノビコフ6-4、7-5のストレートで勝利して3回戦に進出しました。

起ち上がりに4ゲーム連取してこれは楽勝かと思いきや、5ゲーム目から錦織圭のミスに乗じてブレイクしたノビコフが息を吹き返し、逆に4ゲームを取り返すという展開になり、正直この試合は厳しくなるかなぁと感じました。

 

しかし錦織圭も意地を見せて勝負所ではしっかりギアを上げて、なんとか1セット目を先取。

2セット目もミスだらけの試合をなんとか制して3回戦進出を決めました。

 

正直この試合、錦織圭は練習不足だったのかなぁ?と感じました。

もちろん、脇腹痛の影響であまり事前の練習をしっかり出来無かったことはあるでしょうが、ここまでサーブが悪くダブルフォルトも多発する錦織圭を観るのは殆ど記憶に無いくらいでした。

 

やはり脇腹を庇うことでしっかり腕を振ったサーブが打てず、その影響から試合が作れなかったことが今回の苦戦した一番の要因じゃ無いかと思います。

得意のドロップショットも一度も使ってませんでした。

 

ただ、そんな状況の中でもストレートで勝つことが出来たのは収穫でした。

そして興味深かったのが、2セット目の最後のゲームで、錦織圭サーブが少し蘇った感じを受けたことです。

今まで殆ど入らなかったファーストサーブが続けて入るようになり、最速のスピードも確か190キロ以上が出てたと思います。

 

開き直ったのでしょうか?笑

それとも次戦へ向けた調整だったのかな?

何はともあれ、錦織圭が最後に魅せてくれたプレーは、次戦へ向けた1つの光明を垣間見た気がしました。

 


sponsored link

 

 

対戦相手は、ダブルス巧者で片手バックハンドのアメリカ人プレーヤー!

 

錦織圭の3回戦の相手は、

 

ロジャーズカップ2016 3回戦 セカンド

 

世界ランク118位ラジーブ・ラム(アメリカ・32歳)になりました。

2回戦は、第13シードのL・プイユをストレートで下して勝ち上がってきました。

錦織圭との対戦成績は1勝1敗で、直近の2014年マレーシア(ハードコート)で行われた試合では錦織圭が勝っています。

 

身長193cmと大柄ですが、ダブルス巧者らしく細やかなプレイも出来る選手で、先のウィンブルドン選手権R・クラッセンと組んだダブルスで、あのブライアン兄弟に勝ったことが印象的でした。

得意なサーフェスはグラスコート(芝)で、過去にシングルで獲っている2つのタイトルは何れも芝のコートであげたものです。

 

また、ラムはタイブレークでの勝率が意外と高い(2016年は12勝5敗)選手なので、錦織圭としてはタイブレークになる前に片を付けれるように試合を展開したいところです。

因みに、今年の2月に行われたテニス日本リーグ(実業団による団体戦)では、助っ人としてチームの準優勝に貢献しました。

 

ラムは、ベテランらしく試合の駆け引きや相手のミスを突いたり出来る選手ですが、錦織圭がしっかりサーブを入れてミスを最小限に試合を展開することが出来れば、ストレートで勝ち切ることが出来るでしょう!

 


sponsored link

 

 

錦織圭3回戦の試合開始日時と放送日時!

 

7月28日(木)11:00 試合開始予定

(日本時間で、7月28日(木)24:00の開始予定)

 

テレビ放送の予定は、

 

NHK BS1チャンネル

7月28日(木) 24時~ ライブ

 

GAORA SPORTS

7月28日(木) 24時~翌11時30分 ライブ

 

※日本との時差は13時間になります。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る