錦織圭参戦!ロジャーズカップ2016の準々決勝グリゴール・ディミトロフ情報と放送予定!

ロジャーズカップ2016 準々決勝 トップ

 

錦織圭ロジャーズ・カップは3回戦が行われ、R・ラム6-3、6-4のストレートで勝利して準々決勝に進出しました。

試合を通じて、ラムが予想以上に球を拾って返してきたので錦織圭も少し苦戦していたように感じました。

 

それでもここぞと言うときに集中力を発揮して、最後は世界6位の力をみせて貫禄の勝利でした。

ラムは、100位代の選手と言ってもダブルスをメインに日程を調整している選手なので、実際にはもう少しATPランキングが高くてもおかしくない選手ですね。

 

この試合、錦織圭のサーブは、やはり2回戦最後のゲームで垣間見た兆候が当たったのか、少し蘇っていたというか、スピードが出るようになっていました。

まだ身体を捻って打つ回転系のサーブはそれ程打ててないようですが、それでも左右とボディへの打ち分けたフラットサーブや、相手を端に追い出すスライスサーブが有効に決まっていたように感じました。

 

また、この試合はダブルフォルトがゼロで、アンフォースドエラーも少なかったことから、うまく相手選手のミスを引き出してプレーすることが出来ていたので安心出来ました。

願わくば、初戦に続いてこの試合でも一度も使わなかったドロップショットを使って欲しかったです。

 

勝ち進んで上位と当たる前に、練習も兼ねて試してみても良かったのになぁと言うのが本音です。

勿論、今日のようにショットにキレがありウィナーも稼げていたときは、無理に使うと消極的になることも考えられるので、その辺は一概にはなんとも言えないでしょうけど・・・(苦笑

 


sponsored link

 

 

対戦相手は、ベビー・フェデラーのあだ名で親しまれるブルガリア人選手!

 

錦織圭の準々決勝の相手は、

 

ロジャーズカップ2016 準々決勝 セカンド

 

世界ランク40位グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア・25歳)になりました。

3回戦は、同郷のチリッチを下したカルロビッチを相手にストレートでの勝ち上がりでした。

ちなみに1回戦では日本の杉田祐一に逆転で勝利しています。

対戦成績は、錦織圭からみて2勝0敗で、いずれもハードコート錦織圭が勝利しています。

 

ディミトロフは、いわゆる片手バックハンドオールラウンドタイプのプレーヤーで、そのプレースタイルがフェデラーに似ていることから「ベビー・フェデラー」と異名をとりますが、本人はフェデラーのコピーでは無く自分のオリジナルのスタイルにこだわっているようですね。

 

また、ディミトロフはサーブが良い選手で、身長190cmの体から放たれるフラットサーブは220kmを超えます。

スピンサーブも強烈で、全身のバネを利用して強烈にボールを叩いてくるので、セカンドサーブの対応も簡単ではありません。

 

錦織圭としては、まず自分のサービスをキープしながらブレークの突破口を切り開いていく必要がありますね。

ただ、調子の波も激しい選手のため、付け入る隙は大いにあると思われます。

 

ディミトロフは過去にATPツアー4勝しておりますが、うち3勝が好調だった2014年にあげたもので、最近は勝利から遠ざかっています。

しかし今大会では試合を追う毎に調子を上げてきているので、錦織圭も今まで以上に気を引き締めて望んで貰いたいですね。

そして、ここまで来たら、是が非でも決勝まで勝ち上がって欲しい!!!

 

余談ですが、ディミトロフは私生活(女性問題?)でもよく記事にされる選手で、あのマリア・シャラポワと付き合っていたことでも有名ですね。

そのシャラポワと2年の交際の後に別れ、今度は(F1ドライバーのハミルトンの元彼女だった)ニコール・シャージンガーと付き合いましたが、その後また破局しております(汗

 

まずはテニス選手として結果を残すことに集中した方が良いのかもしれませんね(笑

 


sponsored link

 

 

錦織圭準々決勝の試合開始日時と放送日時!

 

7月29日(金)14:00頃 試合開始予定

(日本時間で、7月30日(土)3:00頃からの予定)

 

テレビ放送の予定は、

 

NHK BS1チャンネル

7月30日(土) 3:00~(4:50) ライブ

 

GAORA SPORTS

7月30日(土) 1:30~6:30 ライブ

 

※日本との時差は13時間になります。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る