錦織圭参戦!リオオリンピックの3回戦アンドレイ・マルティン情報と放送予定!

リオオリンピック3回戦 錦織圭

 

錦織圭リオ五輪2回戦が行われ、J・ミルマン7-6、6-4ストレート勝利して3回戦進出を決めました。

この試合、スコア以上に苦しい展開でした。

 

2セット共に先にミルマンブレイクをして錦織圭はひたすら追いかける展開になりましたが、メンタルの強さを発揮した錦織圭がなんとか最後にうっちゃって勝利をもぎ取った試合でした。

因みに、ファーストサーブの最速が200kmを超えていたのを凄く久し振りに観ました(笑

 

この試合の大きなポイントは下記の4つになると思われます。

ミルマンのミスのしない安定したストローク

ナイトマッチによる寒暖差の影響により、ガットの調整が上手くいかなかった錦織圭が多発したアンフォースドエラー

0-4から7ポイント連取したタイブレイク

緩急を付けた錦織圭のストローク

 

特に大きかったのが、0-4から逆転勝利したタイブレイクでしょうか。

ミルマンも勝利の焦りからかミスが出てしまったとはいえ、錦織圭のメンタルの強さが光ったゲームでした。

 

そして、フラットなストロークでの打ち合いでは中々ミスをしなかったミルマンを相手に、トップスピンを掛け、スライスを入れ、ドロップショットを打つなど変化をつけることによって、ミルマンは次第にミスを重ねるようになり、結果2セット目は1セット目に比べてだいぶ錦織圭らしさが出た試合で勝利しました。

 

今回のナイトマッチにより、昼と夜のガットの感覚をある程度掴むことが出来たと思うので、次戦以降にはこの苦しかった経験を生かし、ミスの少ない試合をしてくれることを期待したいですね。

 


sponsored link

 

 

対戦相手は、遅いサーフェスが得意なスロバキアのダブルス巧者!

 

錦織圭3回戦の相手は、

 

リオオリンピック3回戦 マルティン

 

世界ランク121位アンドレイ・マルティン(スロバキア・26歳)になりました。

2回戦はコールシュライバーの棄権による不戦勝で勝ち上がってきました。

今年の全仏オープンでは、L・プイユに勝って3回戦進出もしている選手です。

ちなみに錦織圭との対戦は、今回が初めてになります。

 

年齢も身長も錦織圭とほぼ同じ選手で、サーブの最高スピードは200km弱とそれほど速くはありませんので、サーブで押される展開になることは先ず無いと思われます。

ただし、マルティンダブルスが主体の選手でネットプレイには長けています。

そして、ストローク戦ではそれほどミスをしない選手で、安定したテニスが身上です。

 

また、ダブルスメインのためシングルスの出場は少ないのですが、そんな中、今季は7勝3敗と中々の勝率を残しております。

特にクレーコートが得意な選手なので、リオ五輪の遅いハードコートには合っているかもしれません。

 

世界ランクが低いため格下なのは間違い有りませんが、こういったダブルス主体の選手のシングルスのランキングはあまり参考にならないので、錦織圭としてはあくまでも自分のテニスを貫いて、ミスを減らして速い展開に持ち込めれば勝利は間違いないと確信しています。

 


sponsored link

 

 

錦織圭3回戦の試合開始日時と放送日時!

 

8月10日(水)センタコートの第三試合に予定されています。

第一試合が11:00の試合開始予定なので錦織圭の試合は15:00くらいの試合開始になるでしょう。

(日本時間で、8月11日(木)3:00頃~の開始予定)

 

テレビ放送の予定は、

NHK BS1チャンネル

1:30~3:20の間の枠で放送予定のようです。

※日本との時差は12時間になります。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る