錦織圭参戦!リオオリンピックの準々決勝ガエル・モンフィス情報と放送予定!

リオオリンピック準々決勝 錦織圭

 

錦織圭リオ五輪は3回戦が行われ、A・マーティン6-2、6-2のストレートで勝利して準々決勝進出を決めました。

これで2012年のロンドン五輪に続いてのベスト8進出となりました。

 

この試合も錦織圭は序盤からアンフォースドエラーを連発。

初対戦で相手の事をあまり知らない状況の中、強風もあって中々思うようなテニスが展開出来ずに手こずりましたが、地力で勝る錦織圭がブレイクを重ね、危なげなく勝利することが出来ました。

 

ただし、やはり今回も凡ミスの数が多くて中々主導権を自分に持って来れない状況がみえました。

今回のような世界ランク的に格下の相手であれば、多少凡ミスが多くても他でリカバリーする事は出来るかと思いますが、これからの相手は強敵で一つのミスが命取りになりかねないので、出来るだけ凡ミスを減らした試合展開をしてほしいですね。

 


sponsored link

 

 

対戦相手は、今年好調のディフェンス力に長けたフランス人プレーヤー!

 

錦織圭の準々決勝の相手は、

 

リオオリンピック準々決勝 モンフィス

 

世界ランク11位ガエル・モンフィス(フランス・29歳)になりました。

3回戦ではM・チリッチに対して6-7、6-3、6-4と、逆転で下して勝ち上がってきました。

 

錦織圭には、多少凡ミスが多くても強打でウィナーをとってくるチリッチより、ウィナーが少なくても凡ミスも少ないモンフィスの方が組みにくいだろうなぁと思ってましたが、そのやりにくいモンフィスの方が勝ち上がってきちゃいました(汗

 

対戦成績は、錦織圭から見て2勝0敗です。

直近では、今年のマイアミで行われた大熱戦は記憶に新しい所です。

 

モンフィスといえば、220kmを超える高速サーブが印象に強いのですが、彼の一番の強みは、やはりコートカバーリング力の広さでしょうか。

今回のリオ五輪のような遅いサーフェスは、まさにディフェンス力に長けたモンフィスに合ったコートで、左右に振られても球を拾って返してくる強さがあります。

 

また今年のモンフィスは、昨年まで見られた“気が抜けたようなテニス”は影を潜め、“試合に勝つテニス”をしているイメージがあり、かなり手強くなっています。

トレードマークだったドレッドヘアをバッサリ切ったこともモンフィスの本気度の現れのように思えます。

実際ドレッドヘアーは重いらしいので、今はかなり身体が軽くなったように感じるのではないでしょうか?(笑

 

錦織圭がこの準々決勝を勝ち上がる事が出来れば、メダルの可能性が大きく見えてくる大事な一戦になります。

リオ五輪では、ややアンフォースドエラーが目につく試合が多い錦織圭ですが、この試合では、ファーストサーブを入れて極力凡ミスを減らしていくテニスを展開する必要があるでしょうね。

錦織圭のオフェンス力がモンフィスのディフェンス力を打ち破る姿を期待したいですね!

 


sponsored link

 

 

錦織圭準決勝の試合開始日時と放送日時!

 

8月12日(金)14:00頃 試合開始予定

(日本時間で、8月13日(土)2:00頃からの予定)

 

テレビ放送の予定は、

NHK BS1

8月13日(土) (3:15)~(5:25) ライブ

※日本との時差は12時間になります。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る