錦織圭参戦!スイスインドア2016の準々決勝フアンマルティン・デルポトロ情報と放送予定!

スイスインドア 準々決勝 錦織圭

 

錦織圭スイスインドアバーゼルは2回戦が行われ、P・ロレンツィに 7-6、6-2のストレートで勝利して3回戦に進出しました。

それにしても1セット目はイライラさせられましたね(笑

 

ロレンツィのファーストサービスが中々入らない中、錦織圭は何度もブレイクチャンスを作りますがコレが中々取れない・・・。

そうこうしてる間にロレンツィのサービスも良くなってきて1セット目は結局タイブレークに縺れ込むという展開。

 

何とか凌いで試合も勝ちましたが、もう少し取れるところでしっかり取っておけば、もっと楽に試合を終わらせることが出来ただけに少々フラストレーションが溜まる試合でした(苦笑

まぁそれでも結局相手に一度もブレイクポイントを与えなかったところは流石に格の違いを感じました。

 

しかしこの試合でも未だコートがしっくり合わないのか、タイミングを外してホームランを打つシーンがよく見受けられました(苦笑

 


sponsored link

 

 

対戦相手は、今年不死鳥の様に復活したリオ五輪銀メダリスト!

 

錦織圭の準々決勝の相手は、

 

スイスインドア 準々決勝 デルポトロ

 

世界ランク42位J・デルポトロ(アルゼンチン・28歳)になりました。

2回戦では、前回の上海で負けているゴフィンに対してストレートで勝利して危なげなく勝ち上がってきました。

 

対戦成績は、錦織圭0勝4敗と、かなり相性が悪い相手です。

そして、過去錦織圭デルポトロに対して、まだ1セットも取れていません。

但し、直近の試合が4年前ロンドン五輪の対戦と言うことなので、正直今の実力ならそれほど差は無いと思います。

 

デルポトロと言えば、なんといっても198cmの長身から打ち下ろす強力サーブと、そして現ツアー界ナンバーワンとも言われる長い手足を武器にしたむち打つような強力なフォアハンドが魅力的な選手です。

 

普通これだけの長身選手の場合、大体の選手は細やかな動きが出来ずにいわゆるビッグサーバーの様なサーブボレーに特化する傾向が強いのですが、彼は違います。

ストローク戦でも普通に渡り合うことも出来、また、細やかなプレーにも長けております。

それでいて強力なサーブフォアハンドがあるので、対戦する相手には本当に厄介な選手です。

 


sponsored link

 

 

唯一、やはり弱点となってくるのはバックハンドでしょうか。

デルポトロは、バックのボールを大抵スライスで返球してくるので、対戦相手は攻撃する時間を作る事が出来ます。

錦織圭も、やはりデルポトロのバック側にボールを集めていく戦略が中心になるのではないかと思われます。

 

手首の怪我により山あり谷ありの波瀾万丈な人生を送ってきたデルポトロですが、今季復活を果たして、リオ五輪では王者ジョコビッチを破って銀メダル、そして先日のストックホルムでは復帰後初優勝も飾りました。

 

そして迎えた錦織戦・・・楽しみはつきません。

 

 

錦織圭準々決勝の試合開始日時と放送日時!

 

10月28日(金)17:00以降 試合開始予定

(日本時間で、10月29日(土)0:00以降の開始予定)

テレビ放送の予定は、

BS朝日

10月29日(土)0:00~ ライブ

GAORA

10月28日(金)22:00~6:30 ライブ

※日本との時差は7時間です。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る