【錦織圭】イタリア国際テニス2019!準々決勝の放送予定 試合日時!

イタリア国際テニス2019 錦織圭の準々決勝について、
対戦相手、放送予定等の情報をお届けします。

 

錦織圭 6位 VS ディエゴ・シュワルツマン 24位

試合日時

日本時間
5月17日(金)20:30 試合開始予定

現地時間
5月17日(金)13:30 試合開始予定

放送予定

NHK BS1GAORA SPORTSにて放送予定です。

NHK BS1
5月17日(金)
20時30分〜(22時00分) ライブ 

GAORA SPORTS
5月17日(金)
18時00分〜2時30分 ライブ

 

 

また、WOWOWが加入者限定サービスのメンバーズオンデマンドで錦織選手の試合を生中継します。
(WOWOWメンバーズオンデマンドは、スマホ・タブレット・PCなどから視聴できます。)

WOWOWはひと月2,484円で加入月は無料ですからね。
ネット申し込みで15分くらいしたら見れます。
WOWOWの新規申し込みはこちらからどうぞ!

これからの季節は毎月のようにグランドスラムが開催されます。
この時期だけWOWOWに加入してテニスをしっかり堪能するのもいいですよ。
お得なご利用方法をこちらに記載してみました。
ぜひ参考にどうぞ!

 

土壇場からの逆転勝利でベスト8!

錦織圭のBNLイタリア国際(ローマ・マスターズ)は、3回戦が行われ、ヤンレナード・シュトルフ(ドイツ)に3-6、7-6、6-3で逆転勝ちを収め、2年連続のベスト8に進出しました。

初物に弱い錦織圭だけに、1セット目を取られて2セット目も3-5と追い詰められたときには流石に負けたと思いましたが、そこからトップ選手としての意地をみせて2セット目を奪うと、3セット目にはこれまで苦労していたシュトルフのサーブに対してのリターンもバッチリ合うようになって3つのブレークを奪って勝利を決めました。

シュトルフは2回戦でチリッチを破るなど、クレーコートで調子が良かっただけに価値ある勝利となりましたね。

錦織勝利の決め手は、2セット目途中から息を吹き返したリターン力でしょうね!
初物のシュトルフを捉えるのに時間を要しましたが、その後は錦織圭の自力が勝った試合でした。

これで昨年同様QFまで残ったことでディフェンドポイントも無くなりました。
あとは上積みするだけですね!

それにしてもダブルヘッダーは流石に厳しそうでした。
試合が終わったのも夜遅い時間でした。
そして、準々決勝も明日昼過ぎから試合が始まります。

相手はストローカーのため錦織圭の回復次第では厳しい試合となるでしょうが、ここはシード選手の意地をみせて勝ち上がって貰いたいところです。

 

対戦相手は、アルゼンチンの小さな巨人!

 

  イタリア国際2019 500

錦織圭の準々決勝の相手は、世界ランキング24位のディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン・26歳)に決まりました。右利きで、バックハンドは両手打ちのプレーヤーです。

今大会は1回戦から出場し、西岡、ラモスビノラス、ベレッティーニと何れもストレートで下しての勝ち上がりです。
特に3回戦は、ズベレフを下して勢いのある地元イタリアのベレッティーニを寄せ付けませんでした。

ベレッティーニと違い、ダブルヘッダーで体力消耗を抱えての試合でしたが、タフな試合を見せてくれました。

錦織圭とのここまでの対戦成績は、シュワルツマンの0勝3敗です。
直近では、昨年の全米オープン(ハードコート)で対戦しており、錦織圭が接戦をモノにしています。

クレーコートでも2017年に二度対戦していますが、何れもフルセットまでもつれており、タフなストローク戦が予想されます。

2016年のツアー初優勝をきっかけに自らの調子もランキングも上げてきたシュワルツマンですが、今年はそれまでと比べてそれ程プレーに勢いを感じられませんでした。

しかしながら、クレーコートシーズンになって調子を上げてきており、先週のマドリード・オープンではティームと組んだダブルスで決勝戦まで進むなど徐々に調子を上げてきている印象です。

シュワルツマンは、ATPツアーTOP50以内で最も小柄(身長170cm)な選手ですが、ストロークとコートカバーリングがとても優れており、タフで粘り強い選手です。

特に武器の一つでもあるドロップショットは中々精度が高く、相手選手が後ろに下がっているとみるや、すかさずドロップショットを放ち仕留めてきます。

フォアハンドやバックハンドもそつなくこなすミスの少ない選手なので、錦織圭は長い試合をさせられるかもしれませんね。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る