【錦織圭】イタリア国際テニス2019!2回戦の放送予定 試合日時!

イタリア国際テニス2019 錦織圭の2回戦(初戦)について、
対戦相手、放送予定等の情報をお届けします。

 

錦織圭 6位 VS テイラー・フリッツ 52位

試合日時

日本時間
5月16日(木)18:20 試合開始予定

現地時間
5月16日(木)11:20 試合開始予定

放送予定

NHK BS1GAORA SPORTSにて放送予定です。

NHK BS1
5月16日(木)
18時30分〜(20時30分) ライブ 

GAORA SPORTS
5月16日(木)
17時00分〜8時00分 ライブ

 

 

また、WOWOWが加入者限定サービスのメンバーズオンデマンドで錦織選手の試合を生中継します。
(WOWOWメンバーズオンデマンドは、スマホ・タブレット・PCなどから視聴できます。)

WOWOWはひと月2,484円で加入月は無料ですからね。
ネット申し込みで15分くらいしたら見れます。
WOWOWの新規申し込みはこちらからどうぞ!

これからの季節は毎月のようにグランドスラムが開催されます。
この時期だけWOWOWに加入してテニスをしっかり堪能するのもいいですよ。
お得なご利用方法をこちらに記載してみました。
ぜひ参考にどうぞ!

 

現在世界ランキング6位 第6シードからの参戦!

錦織圭のBNLイタリア国際(ローマ・マスターズ)は、第6シードからの参戦となりました。

ノーシードだった昨年は、2回戦で第3シードのディミトロフを破るなど快調にベスト8まで勝ち上がりましたが、準々決勝ではジョコビッチに逆転で敗れてしまいました。

この試合でも第1セットは完璧な試合運びだったのに第2セットでいきなり崩れるという、ある意味錦織らしい試合展開になってしまいました。

2016年の時も準決勝でジョコビッチに逆転負け、2015年でも準々決勝でジョコビッチにフルセット負けと言うことで、このローマでもマドリード同様にジョコビッチの壁に弾き返され続けてきました。

それでも裏を返せばジョコビッチ以外の選手にはあまり負けてない訳ですし、ローマは割と癖の少ないサーフェスなので、錦織らしい積極果敢な攻撃的なテニスで相手を翻弄して勝ち上がって欲しいところです。

初戦から調子の良い選手との対戦となりましたが、先ずは大事な初戦を無事に乗り越えて全仏オープンに向けて調子を上げていって欲しいですね。

 

対戦相手は、アメリカ期待のネキストジェネレーション!

 

  イタリア国際2019 500

錦織圭の2回戦(初戦)の相手は、世界ランク52位のテイラー・フリッツ(アメリカ:21歳)に決まりました。右利きで、バックハンドは両手打ちのプレーヤーです。

今大会は予選から勝ち上がってきました。

1回戦は、今年調子の良いアルゼンチン人クレーコーターのグイド・ペジャ(世界ランキング21位)をストレートで退けて2回戦に進んできました。
この試合はファーストサーブで取ったポイント獲得率が90%と高くサーブの調子は良さそうです。

予選勝者とは言え、ここまでは未だ1セットも落としていないことから、フィジカル的には全く問題が無さそうです。

錦織圭との対戦成績は、フリッツの0勝2敗です。
直近では、先日行われたバルセロナ・オープン2回戦で対戦したばかりで、この時は錦織圭が7-5、6-2のストレートで勝っています。

フリッツは、今年は積極的にクレーコートで試合をしている印象で、今大会が始まるまでは4勝5敗というビッグサーバーにしては先ず先ずの成績を残しています。

元々ストロークにも定評があるのでクレーコートでも十分に戦える力は持っている選手ではありますが、今年は例年以上に戦えている気がします。

先週のマドリード・オープンでも予選から勝ち上がり、1回戦でディミトロフにストレートで勝つなど、クレーコートでの戦い方を身につけてきています。

また、今年はこれまでマスターズやグランドスラムの全ての大会で本戦に出場するなどプレーに安定感が出ている印象を受けます。

ローマ・マスターズにも過去一度も本戦に出場できていませんでしたが、今年は予選から勝ち上がり既に本戦で勝利も挙げるなど好調を維持しています。

そんなフリッツでにはとても興味深いデータがあり、今年はこれまでファーストセットを取った場合は7勝1敗と言う成績を残しています。

一方、ファーストセットを落とした場合はこれまで1勝10敗と言うことで、かなり勝利から遠ざかってしまいます。

典型的な先行逃げ切り型と言えるでしょう。
この試合も、ファーストセットの入り方に注目して観戦すると面白いかもしれませんよ!

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る