【錦織圭】全米オープンテニス2019!3回戦の放送予定 試合日時!

全米オープンテニス2019 錦織圭の3回戦について、
対戦相手、放送予定等の情報をお届けします。

 

錦織圭 7位 VS アレックス・デミノー 38位

試合日時

日本時間
8月31日(土)0:00 試合開始予定

現地時間
8月30日(金)11:00 試合開始予定

放送予定

WOWOWにて放送予定です。

WOWOW
8月31日(土)
0時00分〜 ライブ 

 

 

また、WOWOWは加入者限定サービスのメンバーズオンデマンドでスマホ・タブレット・PCなどから視聴できます。

この短期間だけWOWOWに加入もありかもですね。
WOWOWは加入月は無料。
来月は錦織圭はもちろんジョコビッチも出場する楽天オープンがありますから。
こちらも放送はWOWOWだけです。

もちろん私も加入しました。
10月に入ったら即解約予定です。笑

ネット申し込みで15分くらいしたら見れます。
WOWOWの新規申し込みはこちらから行えます!

 

3時間のタフな熱戦を制して、5年連続3回戦進出!

錦織圭の全米オープンの2回戦は、地元アメリカのクランを相手にセットカウント3-1で振り切って3回戦に進出しました。

1試合目に続いてこの試合もファーストサーブが悪かった錦織圭でしたが、相手選手がアグレッシブだった半面ミスが多かったことで少し助けられた感じでした。

また、今回はリードしているときに集中力が落ちて相手を蘇らせてしまう錦織圭によくみられるプレーも出てしまいましたね。

2017年の全仏オープンマレー戦の後に松岡修造が錦織圭について『大事な場面で集中力がどうしても途切れてしまう。』と自身のブログに書いていましたが、今回も正にこの症状に陥ったように感じました。

それでも最後にはギアを上げて勝ち切るあたりは流石世界7位ということでしょうかね。

そして、今回何よりもまして一番の収穫だったのは、雨の中屋根付きのコートで試合を行うことが出来たことですね!

試合時間が少し長くなった分、次戦を見据えてしっかり休養を取ることが出来るのはラッキーでした。

3回戦からは世界ランキングがぐんと上がる強敵が待ち構えており、ここからが本当の勝負と言っても過言では無いでしょう。

 

対戦相手は、今年既にツアー2勝を挙げている才能を開花させてきたオーストラリアのNextGenコンデンター!

 

  全米オープンテニス2019 アイキャッチ

錦織圭の3回戦の相手は、世界ランク38位のアレックス・デミノー(オーストラリア・20歳)に決まりました。右利きで、バックハンドは両手打ちの選手です。

1回戦は、フランスのエルベールとの熱戦を3-1で制し、2回戦は第31シードのガリン(チリ)をストレートで破って3回戦に進出しました。

特に2回戦ではミスの少ない安定したテニスを展開し、ブレークを1本しか許さない素晴らしいプレーを魅せました。

錦織圭とは過去に練習はしたことはありますが、初めての対戦になります。

デミノーは4歳の時にテニスを始め、青年期までの大半をスペインのアリアンテで過ごしますが、その後はオーストラリアに戻って現在はオーストラリアのナショナルチームの一員としても活躍をしています。

また、デミノーはデビスカップ監督で元世界ランキング1位のレイトン・ヒューイット氏からアドバイザーとして支援を受けており、昨年は一緒にダブルスを組んで出場するなど現在オーストラリアで最も期待を掛けられている若手と言えるでしょう。

因みにデミノーは、ナショナルチームの109番目の選手だったため、胸に「109」の入れ墨をしています。

若くして頭角を現し、昨年末に行われたネクストジェネレーション・ATPファイナルズでは、惜しくも決勝でチチパスに敗れますが見事準優勝という素晴らしい結果を手にし、今年は既にツアー2勝を挙げる活躍を魅せています。

昨年の全米オープンでは、惜しくも3回戦でチリッチにフルセットの末に敗れてしまいましたが、ハードコートでは通算勝率.620というトップ10選手に引けを取らない活躍を魅せています。

デミノーのプレースタイルはバランスの取れたベースラインプレーヤーで、錦織圭同様に速いフットワークを持ち味としています。

ストロークも安定していてコートカバーリング能力も高いことから、世界1位のジョコビッチを彷彿させる次世代の若手選手の筆頭候補の一人と目されています。

そんなデミノーですが、未だマスターズやグランドスラムという大きな大会では3回戦以上に進んだことが無く、今大会で初の4回戦進出を目指しており期待が掛かります。

また、これまでトップ10選手に対して一度も勝利を挙げていないことから、今回の錦織圭戦は本人にとっても凄く大事な一戦になるのではないでしょうか。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る