【錦織圭】全米オープンテニス2019!2回戦の放送予定 試合日時!

全米オープンテニス2019 錦織圭の2回戦について、
対戦相手、放送予定等の情報をお届けします。

 

錦織圭 7位 VS ブラッドレイ・クラン 108位

試合日時

日本時間
8月29日(木)0:00 試合開始予定

現地時間
8月28日(水)11:00 試合開始予定

放送予定

WOWOWにて放送予定です。

WOWOW
8月29日(木)
0時00分〜 ライブ 

 

 

また、WOWOWは加入者限定サービスのメンバーズオンデマンドでスマホ・タブレット・PCなどから視聴できます。

この短期間だけWOWOWに加入もありかもですね。
WOWOWは加入月は無料。
来月は錦織圭はもちろんジョコビッチも出場する楽天オープンがありますから。
こちらも放送はWOWOWだけです。

もちろん私も加入しました。
10月に入ったら即解約予定です。笑

ネット申し込みで15分くらいしたら見れます。
WOWOWの新規申し込みはこちらから行えます!

 

相手選手の棄権で46分で2回戦へ!

錦織圭の全米オープンは1回戦が行われ、6-1、4-1となったところでマルコ・トルンゲリティの途中棄権により2回戦に進出しました。

試合時間僅か46分で、女子を含めた全選手一番乗りで2回戦進出を決めました。

試合は序盤からリターン力を発揮した錦織圭がストロークの良さを活かして次々とブレークを決めて圧倒していきました。

トルンゲリティのファーストサーブがあまり入らなかったこともあり、セカンドサーブを攻撃的に打てていたのも印象的でした。

願わくばもっと良い感覚を掴むまで試合を続けて欲しかったけど、トルンゲリティのあの状態ではやむを得ませんでしたね。

それでも試合時間が長くなる傾向の多い錦織圭なだけに、今回の短時間での勝利はフィジカル的にはとても良かったと思われます。

そんな中、サーブの調子が今ひとつだったことが気になります。

大事なポイントでのダブルフォルトをはじめ、トスの感覚がバラバラだったように感じました。

逆に言えば、サーブを修正することさえできればストロークの感覚は良いので、上位進出も大いに期待できそうな気がします。

 

対戦相手は、大きな怪我からカムバックした元NCAAチャンピオンのアメリカ人プレーヤー!

 

  全米オープンテニス2019 アイキャッチ

錦織圭の2回戦の相手は、世界ランク108位のブラッドレイ・クラン(アメリカ・29歳)になりました。左利きで、バックハンドは両手打ちの選手です。

1回戦は、ブラジルのモンテイロにストレートで勝利して2回戦に勝ち上がりました。
試合時間も1時間47分という圧勝でした。

ちなみにこれまで全米オープンでは7度本戦に出場しており、2014年には3回戦まで進出するなど相性の良い大会と言えるでしょう。

錦織圭とは初めての対戦になります。

クランは身長183cmとテニス界ではあまり高い方ではありませんが、左利きを生かしたスライスサーブをはじめとした精度の高いサーブやフォアハンドのショットを得意としています。

事実、1回戦では14本のエースを放って勝ち上がるなど、ファーストサーブからのポインツウォンが85%という高確率でした。

また、ネットプレーも多い選手です。

これまでツアーでは11勝(38敗)しかしていないのが不思議なくらいアグレッシブで良いテニスをしてきます。

クランがテニスを始めたのは11歳と割と遅めで、大学に進学したのでプロ入りも遅かった選手です。

それでもアメリカの大学時代にはNCAAのチャンピオンになるなど、既に実力の片鱗はみせており、プロ入り後はあっという間にトップ100以内にランキングしてきて2014年にはキャリアハイの63位までランキングを伸ばすなど徐々に調子を上げてきていました。

そして、これからが期待されはじめていた2015年2月、二度の手術を行うような大きな背中の怪我をしてしまい約2年間テニスから遠ざかることになりました。

それでも2016年終盤に復帰を果たすと、2018年のカナダ、シンシナティ、上海の3つのマスターズ1000で予選から勝ち上がりベスト32まで勝ち上がる活躍を魅せて復活を印象づけました。

今年も全豪オープンで当時世界25位のチョンヒョンとフルセットの好ゲームを演じるなどアグレッシブなプレーは健在です。

また、今年からはこれまで主戦場だった下部ツアーではなく、ATPツアーの予選から出場して本戦に勝ち上がって行こうとする姿勢が感じられます。

果たして、相性の良い全米オープンで錦織圭相手にどんなプレーを魅せてくれるのか、楽しみな一戦になりそうです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る