【錦織圭】全仏オープンテニス2019!3回戦の放送予定 試合日時!

全仏オープンテニス2019 錦織圭の3回戦について、
対戦相手、放送予定等の情報をお届けします。

 

錦織圭 7位 VS ラスロ・ジェレ 32位

試合日時

日本時間
5月31日(金)19:30 頃試合開始予定

現地時間
5月31日(金)12:30 頃試合開始予定

放送予定

WOWOWテレビ東京にて放送予定です。

WOWOW
5月31日(金)
17時50分〜24時00分 ライブ 

テレビ東京
5月31日(金)
21時00分〜 時差放送

 

 

また、WOWOWでは加入者限定サービスのメンバーズオンデマンドで錦織選手の試合を中心にその他多くの試合を生中継します。
(WOWOWメンバーズオンデマンドは、スマホ・タブレット・PCなどから視聴できます。)

WOWOWはひと月2,484円で加入月は無料ですからね。
ネット申し込みで15分くらいしたら見れます。
WOWOWの新規申し込みはこちらから行えます。

これからの季節は毎月のようにグランドスラムが開催されます。
この時期だけWOWOWに加入してテニスをしっかり堪能するのもいいですね。

 

逆転で制して3回戦へ!

錦織圭の全仏オープンは2回戦が行われ、地元フランスのジョー=ウィルフリード・ツォンガを接戦の末 4-6、6-4、6-4、6-4の逆転で倒して3回戦に進みました。

1セット目を逆転で取られたときはどうなることかと思いましたが、2セット目からは錦織圭のリターンが冴えだして、ツォンガをストローク戦に吸い出すことが出来ました。

なんと言っても2セット目のツォンガのタイムバイオレーションから、見事セカンドサーブを回り込んでぶったたいたフォアハンドがのショットが本当に見事でした。

また、エースこそ奪えませんでしたが、ファーストサーブインが69%でファーストサーブが決まったときに70%の確率でポイントを取れたことも大きかったですね!

ツォンガのファーストサーブの調子が良くなかったことにも助けられたかもしれませんが、全体的にはプレーの質は良かったですね。

願わくば、フォアのクロスへのショットのミスが次戦に向けてもう少し改善されると良いなぁと思いました。

それにしても2回戦で観るには勿体ないような好ゲームでした。

次は久しぶりにフランス勢では無い選手が相手になるので、今日よりもっと集中してプレーが出来ることを願いたいところです。

 

対戦相手は、今年ツアー初優勝を飾るなどブレイクスルーを遂げたセルビア人プレーヤー!

 

  全仏オープン2019 500

錦織圭の3回戦の相手は、世界ランク32位のラスロ・ジェレ(セルビア・23歳)になりました。右利きで、バックハンドは両手打ちの選手です。
同郷の選手として、世界ナンバーワンのジョコビッチがいます。

今年はツアー初優勝を含め、これまでツアーで17勝(10敗)を挙げる躍進を果たしています。
今大会は四大大会初のシード選手として素晴らしい活躍を魅せており、1、2回戦は共にストレートで退けて勝ち上がってきました。

錦織圭とは初めての対戦となります。

ジェレは5歳の時にテニスを始めました。
ジュニアツアーでは5度のシングルス優勝を飾るなど、若い頃から力を兼ね備えた選手で、2017年にツアー初勝利を飾ると、2018年に渡ってチャレンジャーやツアーで地道にランキングを積み上げていきました。

そして今年のATP500リオデジャネイロ・オープンでは、第1シードのティームを破って初戦を勝ち上がると、そのまま順調に決勝まで勝ち上がって見事ツアー初優勝を果たしました。

優勝時のスピーチで「7年前に無くした母親と2ヶ月前に無くした父親にトロフィーを捧げる」と語り、歓声を浴びました。
この優勝でジュレは世界ランキング90位から一気に37位まで上げることとなりました。

ジュレは典型的な守備型のベースライナーで、クレーコートを得意としています。
ネットプレーはあまり行わず、得意のフォアハンドを武器にストローク戦を中心にプレーを進めてくる印象です。

但し、ウィナーを取るような攻撃的なストロークではなく、ディフェンスを中心とした精度の高い安定したテニスが持ち味です。

身長は188cmありますが、サーブはそれ程強力ではなくコントロール重視です。

それでも、バルセロナ・オープンでは8本のエースを放ってデルポトロに競り勝つなど、ピンチになっても粘り強いテニスをしてくるので、相手選手はブレークするのに苦労するかもしれません。

クレーコートでは6割以上の勝率を残している『ザ・クレーコーター』なので、ここ全仏では侮れない存在なのは間違いないでしょうね。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る