全仏オープンテニス2020!錦織圭の2回戦 放送予定 試合日時!

全仏オープンテニス2020 錦織圭の2回戦(初戦)について、
対戦相手、放送予定等の情報をお届けします。

 

錦織圭 35位 VS ステファノ・トラバグリア 74位

錦織圭、惜敗!クレーコートシーズンは2勝4敗で終了!

選手名 1 2 3 4 5 合計
錦織圭 4 6 6(7) 6 2 2
S・トラバグリア 6 2 7(9) 4 6 3

試合日時

日本時間
9月30日(水)21:00 試合開始予定

現地時間
9月30日(水)14:00 試合開始予定

放送予定

WOWOWテレビ東京にて放送予定です。

WOWOW 
9月30日(水)
17時50分〜 ライブ 

テレビ東京
9月30日(水)
26時18分〜 またまた録画

 

 

また、WOWOWでは加入者限定サービスのメンバーズオンデマンドで錦織選手の試合を中心にその他多くの試合を生中継します。
(WOWOWメンバーズオンデマンドは、スマホ・タブレット・PCなどから視聴できます。)

WOWOWはひと月2,530円で加入月は無料ですからね。
ネット申し込みで15分くらいしたら見れます。
WOWOWの新規申し込みはこちらから行えます。

 

※どっかネットで無料のとこないかなって方はこちらを参考にどうぞ。

 

 

まだまだプレーは安定せずも、フルセットで乗り切って2回戦進出!

錦織圭の全仏オープンは1回戦が行われ、イギリスのエバンスを相手に 1-6、6-1、7-6、1-6、6-4のフルセットで勝利して2回戦進出を果たしました。

それにしても、例年の全仏オープンと時期が違うこともあってか、今年の全仏オープンはとにかく寒い!

この試合でも雨が降るなどして気温が14度と屋外でプレーするにはかなり寒い中でのプレーを強いられることになり、選手にとっては気の毒なコンディションになりました。

そんなコンディション不良もあってか錦織圭の1セット目は最悪な状態でしたが、2セット目からはなんとか調整し、アップダウンの激しい試合をなんとか勝ち切ることが出来ました。

何はともあれ勝ったことで次の試合に挑む権利を得ることが出来て良かったです。
今は少しでも試合数をこなし、プレーの安定性を高めて欲しいところです。

因みにこの試合では、新生錦織圭が随所に見られましたね。
特に際立ったのが今年からコーチを変えて取り組んできたネットプレーで、この試合では実に66回ネットに出ています(うち27回のミス)。

残念ながらまだまだ精度は欠いており、プレーのレベルはあまり良くありませんでしたが、次の試合ではしっかりと修正をして挑んで欲しいと思います。

 

対戦相手は、何度も怪我を克服して乗り越えてきたイタリア4番手のベテランクレーコーター!

 

  

錦織圭の2回戦の相手は、世界ランク74位のステファノ・トラバグリア(イタリア・28歳)に決まりました。

1回戦は、スペインのアンドゥハルをストレードで下しての勝ち上がりで、全仏オープンでは自身初めての勝利となりました。
右利きで、バックハンドは両手打ちの選手です。

錦織圭とは初めての対戦となります。

トラバグリアは身長185cmとがっしりとした体つきでサーブも中々強力です。
クレーコーターらしいプレースタイルで、ベースラインの後ろでプレーをするストローカーです。
フォアハンドが得意なだけあって、回り込んでフォアのショットを放ってくることも多く、力強いショットが魅力です。

一方で、ネットプレーはそれほど得意としていない印象で、試合を通じてそれほど仕掛けてくることはありません。

そんなトラバグリアですが、若いころには多くの怪我を抱え、順風満帆なキャリアを送ることができませんでした。

8歳にテニスを始めたトラバグリアは、2011年(19歳)にはATPツアーランキングを306位まで上げ、これからの成長が期待された矢先の同年夏、右手の靭帯重傷というキャリアを損なってしまうような大きな怪我を起こしてしまいます。

この怪我の影響で1年間ほどツアーに参加できなくなり、累積されたATPポイントも全て失われてしまいました。

その後トラバグリアは地道に下部ツアーで成績を残し、2014年には200位を切るランキングまで回復を果たしますが、2015年に左手の肩甲骨の骨折、2016年には背中の怪我と、身体的な問題で中々ランキングを上げられない日々が続きました。

それでも諦めなかったトラバグリアは、2017年には同郷のフォニーニ(当時26位)を破って初めてのATPツアー勝利を上げるなど素晴らしいシーズンを送ると2019年には初めてトップ10プレーヤー(当時世界ランキング9位のフォニーニ)から勝利をおさめ、ランキングも84位まで上げることが出来、現在に至ります。

下部大会では、ITFで18回、チャレンジャーで4回の優勝があり、それがいずれもクレーコートでの優勝という生粋のクレーコーターだけに、いまの錦織圭にとっては中々厳しい相手といえるでしょうね。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る