エルステ・バンク・オープン2020 ドロートーナメント表!放送予定 出場選手!

エルステ・バンク・オープン2020についての情報をお届けします。
錦織圭の活躍とともに記事の更新を行います。

  エルステバンクオープン2020 ロゴ

ATPツアー500 エルステ・バンク・オープンが、10月26日(月)からオーストリアのウィーン(ヴィエナ・シュターレ)で開催されます。
決勝戦は11月1日(日)に予定されています。

1974年以降オーストリアのウィーンで大会が開催されていて、現在はオーストリアに本店を置く銀行グループのエルステ・グループが冠スポンサーを務めています。
今年は新型コロナの規制もあって、各セッション1500枚のチケット制限があるようです。

昨年は第1シードで出場した地元オーストリアのドミニク・ティームが、第5シードのシュワルツマンを破って念願の大会初優勝を飾りました。
地元オーストリア人選手にとっては、2010年のメルツァー以来、実に9年ぶりの優勝となりました。

ティームは既に同年に同じオーストリアのキッツビュールでも優勝を飾っており、「キッツビュールとここウィーンで優勝できるなんて、今年は僕にとって信じられない年になった」と喜びのコメントを残しています。

今年は新型コロナ規制でツアーが縮小されていることも影響して、今大会には多くのトッププレーヤーが出場を決めています。
中でも2007年の優勝以来の出場となる世界ランク1位のジョコビッチの出場には驚きました。

トップ10から7名、そして本戦出場選手の殆どがトップ30以内、更には予選もトップ50以内の選手ばかりという、ATP500屈指の出場資格が満たされた大会になるのは間違いないでしょう。

 

 

放送予定

BS朝日GAROA SPORTSにて放送が予定されています。


BS朝日
錦織圭の出場試合の放送が予定されています。
詳細は試合日程が決まってからの発表です。
BS朝日


GAORA SPORTS
10月26日(月)の1回戦から決勝戦までをライブにて放送予定です。
GAORA SPORTS

 

また、WOWOWが加入者限定サービスのメンバーズオンデマンドでライブ放送予定します。
(WOWOWメンバーズオンデマンドは、スマホ・タブレット・PCなどから視聴できます。)

WOWOWはひと月2,530円で加入月は無料ですからね。
ネット申し込みで15分くらいしたら見れます。
WOWOWの新規申し込みはこちらからどうぞ!

 

大会概要

大会名:エルステ・バンク・オープン
カテゴリ:ATP・ツアー500
シングルドロー数:32
サーフェス:室内ハードコート
開催場所:オーストリア・ウィーン
開催日程:2020年10月26日~11月1日
賞金総額:1,409,510ユーロ(約1億7,410万円)
昨年の優勝者:ドミニク・ティーム
大会公式サイト: https://www.erstebank-open.com/

出場凶暴選手

ノバク・ジョコビッチ(世界ランキング1位・セルビア)
ドミニク・ティーム(世界ランキング3位・オーストリア)
ステファノス・チチパス(世界ランキング5位・ギリシャ)
ダニール・メドベージェフ(世界ランキング6位・ロシア)
アンドレイ・ルブレフ(世界ランキング8位・ロシア)
ディエゴ・シュワルツマン(世界ランキング9位・アルゼンチン)
マッテオ・ベレッティーニ(世界ランキング10位・イタリア)
ガエル・モンフィス(世界ランキング11位・フランス)

錦織 圭(世界ランキング36位・日本)

※2020年10月19日付の世界ランキング順です。

フォニーニ、イズナーは欠場となりました。

激戦日程

1回戦 10月26日(月)、27日(火)、28日(水)
2回戦 10月28日(水)、29日(木)
準々決勝 10月30日(金)
準決勝 10月31日(土)
決勝 11月1日(日)

※何れも現地での日程になります。

ドロートーナメント表

 

エルステバンクオープン2020 ドロー表

ハイライト動画

Day 1 Highlights

Day 2 Highlights

Day 3 Highlights

Day 4 Highlights

Quarter-Final Highlights

Semi-Final Highlights

Final Highlights

 
 

メイン試合予定と結果

 

 27日(火)【男子シングルス 1回戦

試合開始時間未定
錦織圭 36位 VS ドミニク・ティーム 3位

錦織圭、先週に続き右肩の故障を理由に欠場!

選手名 1 2 3 合計
錦織圭      
D・ティーム      

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る