錦織圭の年収が巨額すぎて驚愕!大会賞金とスポンサー契約料!

錦織圭 年収 トプ

 

八百長疑惑に揺れるテニス界。

世界ランキングに名を連ねているプロ選手の数は、男子2200人程度、女子1300人程度と言われています。

破格な賞金を手に入れ、華やかな生活を送れるのは極一部の選手のみ。

下位選手の現状はかなり過酷です。

錦織圭、トップ選手になれてよかったですよね。

 

大会賞金とCM・スポンサー料!

 

もちろん努力の末ではありますが、恵まれてる選手といえる錦織圭

その錦織圭の年収はいったいどのくらいなのでしょうかね。

 

主な収入は、テニスの大会賞金スポンサー契約料です。

スポンサーの契約は、有名な企業でユニクロ日清食品ナイキウィルソン等多くの企業と、スポンサー契約しているようです。

ユニクロのCMは、最近もよく見かけますね。

ユニクロは、準優勝したときに1億ものボーナスを支給したとか。

ボーナスが1億って!羨ましすぎますよね。笑

 

ユニクロだけではなく、各スポンサーが、錦織圭が成績を残したら臨時ボーナスを支給しているようです。

ちなみに、ユニクロとは5年契約なんだとか。

2020年の東京五輪での活躍も十分期待される錦織圭。

五輪スポンサーのプロクター・アンド・ギャンブルと契約を結んだようです。

錦織圭の2018年のスポンサー契約料は20億円近くとも言われています。

 

テニスプレーヤーにとって、スポンサー契約は、プロの活動をしていくうえで絶対必須らしいです。

他のスポーツ選手もスポンサー契約はありますが、テニスの場合、持ち物や身に着けるものなど細かいものにもスポンサーがついているそうです。

年齢が若く有能な才能の持ち主である錦織圭

スポンサーになりたいという企業が多いのも当然ではありますよね。

 

テニスの優勝賞金。

最も高額なのは4大大会であるグランドスラムです。

2018年だと、

全豪オープン 400万豪ドル(32,400万円)

全仏オープン 220万ユーロ(28,200万円)

全英オープン 225万ポンド(32,700万円)

全米オープン 380万米ドル(41,800万円)

です。

 

破格もいいところですよね。

ちなみに2018年にジョコビッチは全英、全米の2大会で優勝、過去10年間で14度のグランドスラム優勝を飾っています。

獲得賞金は???

羨ましいかぎりですね。笑

年収ランキングの順位は?

2018年のフォーブスが発表した、各スポーツ選手の長者番付では、日本人で錦織圭と、大リーグヤンキースの田中将大投手が100位以内に入っています。

ヤンキースの田中将大投手が約2310万ドル26億円で95位にランクイン。

この金額もスゴイ!

 

錦織圭は3460万ドル38億円で35位にランクインしています。

38億円で35位ってすごい世界です。笑

いや、世界ですからこんなものなのかな?

 

ちなみに第1位は?というと、

プロボクサーのフロイド・メイウェザーで、2億8500万ドル約313億円を稼ぎ出したそうです。

ケタが、次元が、違いすぎてよくわかりません。笑

 

テニスプレーヤーのなかでの第1位がロジャー・フェデラー86億だそうです。

錦織圭もスゴイと思いますが、上には上がいるんだな~と、改めて思いますよね。

でも下には下が、とことん下がいるのも現実です。

 

いま世界には9000人のプロ選手がいると言われています。

しかし、そのうちの半数近くは1ポンド(145円)も稼げていないという現実があるそうです。

自分で望んだ世界とはいえ厳しい世界ですよね。

八百長疑惑、あってはならないことではありますが、わからないことも・・・

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る