【錦織圭】ウエスタン&サザン・オープン2019!2回戦の放送予定 試合日時!

ウエスタン&サザン・オープン2019 錦織圭の2回戦(初戦)について、
対戦相手、放送予定等の情報をお届けします。

 

錦織圭 5位 VS 西岡良仁 77位

試合日時

日本時間
8月15日(木)0:00 試合開始予定

現地時間
8月14日(水)23:00 試合開始予定

放送予定

AORA SPORTS(スカパー)NHK BS1WOWOW(メンバーズオンデマンド)にて中継が予定されています。

GAORA SPORTS
8月15日(木)
0時00分〜8時00分 ライブ 

NHK BS1
8月15日(木)
0時00分〜(2時00分) ライブ 

 

 

 

WOWOW(メンバーズオンデマンド)

加入者限定サービスのメンバーズオンデマンドで錦織圭の試合の生中継が予定されています。
(WOWOWメンバーズオンデマンドは、スマホ・タブレット・PCなどから視聴できます。)

今月は昨年大坂なおみがGS初制覇、錦織圭がベスト4に輝いた全米オープンがありますよね。
これって残念なことにWOWOWでしか見ることができないんです。

私は絶対見たいので8月に入って速攻加入しました。
もちろん来月速攻解約予定です。笑
でも来月は楽天オープンがあるからな・・・、ジョコビッチも参戦だしちょっと迷うかも。

WOWOW加入を検討中なら月初めの加入がおすすめです。WOWOWは加入月は無料ですからね。

 

WOWOWの新規申し込みはこちらから行えます!

 

現在世界ランキング5位 第6シードからの参戦!

錦織圭選手のウエスタン&サザン・オープン(シンシナティ・マスターズ)は、第6シードでの参戦となりました。

昨年はノーシードで参戦して1回戦は突破しましたが、2回戦で難敵スタン・ワウリンカと対戦してストレートで敗れてしまいました。

これまで錦織圭はウエスタン&サザン・オープンの最高成績が3回戦ということでマスターズ9大会で唯一準々決勝進出が出来ていません。

今年こそは8強の壁を突破してほしいところですが、前回のロジャーズカップでは肘を痛めたとの事でシングルスは初戦敗退、ダブルスでも棄権しており、黄色信号が灯っている状態と言えるでしょう。

本命は昨年準決勝まで進んだ全米オープンなのは間違いないでしょうが、今年はドロー山の頂点にいたナダルが棄権したということでマスターズ初優勝ですらできる状況だと思われるだけに、肘の怪我が軽度であることを祈るばかりです。

 

対戦相手は、1年で「飛躍」と「転落」を経験した日本人No.2プレーヤー!

 

  ウエスタン&サザンオープン2018 アイキャッチ

錦織圭の2回戦(初戦)の相手は、世界ランク77位の西岡良仁(日本・23歳)になりました。
身長170cm、左利きで、バックハンドは両手打ちの選手です。

キャリアハイは2年前にマークした58位となっており、今大会ベスト8以上に残れば更新する可能性も出てきます。
錦織圭とは初対戦になります。

西岡と言えば、錦織と同じIMGアカデミー出身として、兄貴分と弟分的な仲の良い選手同士ですが、これまで一度もツアーでは対戦がありませんでした。

しかし今大会は、予選1回戦でミルマン、2回戦ではソウザという錦織圭も何度か対戦しているような強豪選手達を破って予選を勝ち上がり、シンシナティでは初の本戦進出を決めました。

さらには本戦1回戦でランキング的には格上のトンプソンをも下し、念願の錦織圭との対戦切符を手に入れることが出来ました。

現日本人選手のナンバーワンとナンバーツーという夢の対決の実現となり、同じ日本人としては複雑な気持ちもありますが、やはり楽しみな気持ちが勝っておりそれは西岡選手本人からも凄く伝わってきており、トンプソン戦の試合後の“歓喜の土下座”にも現れていましたね(笑

西岡はシュワルツマンと並んでツアー随一の身長の低さ(170cm)としても有名な選手ですが、大きな選手にも負けていないフットワーク力を持っており、ラリーを繋いで相手のミスを誘い出すようなテニスが持ち味です。

4歳の時にテニスを始めた西岡は、中学生の時にアメリカのIMGアカデミーに留学して10代のころから北中米のトーナメントを回るなど海外の選手達としのぎを削ってきました。

そして2017年前半にはアカプルコ(ATP500)でベスト8、インディアンウェルズ(ATP1000)ではベスト16と素晴らしい成績を残して正に「飛躍」の年となりました。

しかし、悲劇は突然起こりました。

次のマイアミ(ATP1000)でのプレー中にアクシデントに襲われてしまい、左膝の靭帯断裂という重度の怪我を起こしてしまい、飛躍から一転「転落」を経験するという厳しいシーズンとなってしまいました。

それでも9カ月という長期間のリハビリを耐えて2018年に復帰をすると、チャレンジャー優勝などを経て、9月の深センオープン(ATP250)では念願の初優勝を飾ることが出来ました。

一時は380位まで落ちていたランキングですが、この優勝で再びトップ100まで戻すことが出来ました。

今年も飛躍とまで行かないながらも安定した成績を残してきた西岡ですが、2020年東京オリンピックの強化指定選手にも選ばれており、今後の活躍が大いに期待されそうですね!

これまでトップ10選手と7回対戦して一度も勝てていない西岡ですが、錦織は肘の調子が本調子ではないだけにもしかするともしかするかもしれません。

世界で活躍する二人の“サムライプレーヤー”の対戦が今からとても楽しみです!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る