錦織圭 全豪オープンテニス2019 ドロートーナメント表!放送予定 優勝賞金!

 

錦織圭が出場する全豪オープンテニス2019についての情報をお届けします。
大会経過、錦織圭の活躍とともに記事の更新を行います。

  全豪オープン2019 500

錦織圭の今シーズン2戦目はテニス界最大のイベントとなるグランドスラム、全豪オープンテニス2019!
世界中の強豪がオーストラリアに集結です。

もうご存知のようにグランドスラムは全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドン(全英オープン)、全米オープンの年4大会が行われ、ポイントも大きければ賞金も巨額です。
そんなビッグな大会が早くも開幕するわけです。

今シーズンのグランドスラム一発目となる全豪オープンは、オーストラリアのメルボルン・パークで開催されます。昨年(2018年)は、2017年に続いて2年連続でロジャー・フェデラー(スイス)が栄冠を手にしました。フェデラーはこの優勝で全豪オープン6回目の優勝(最多タイ)となりました。

今年の大会は久しぶりにビッグ4が揃い踏みとなり、タレント的にはとても面白い大会になりそうな予感です。ブリスベンで3年ぶりのツアー優勝を飾った錦織圭にも大いにチャンスがありそうです。

ちなみに、今年の全豪オープンは試合形式が今までと少し異なります。これまでファイナルセットは2ゲーム差が付くまで試合が永遠に続けられるアドバンテージセット形式でしたが、今年から10ポイント先取のタイブレーク制が導入されます。

この辺は、時代の流れというか試合時間短縮が目的でしょうね。特にオーストラリアは毎年猛暑が厳しい大会でもあるので、タイブレーク制導入は歓迎されるのではないでしょうか。

最高の形でメルボルンに乗り込むことができた錦織圭、それにしても今年初っ端っからやってくれましたよね!決勝で1セット落としはしましたが強い錦織圭が帰ってきました。

これでATPツアーで錦織圭がタイトルを獲得したのは、2016年2月のメンフィスオープン以来通算12回目となりました。そしてやっとストップしてくれたツアー決勝での連敗。なんと9連敗中でしたからね。これで決勝の通算の戦績は12勝14敗となりました。

全豪オープンの前哨戦ということで毎年のように出場し8回目にしてついに獲得したブリスベンの栄冠!錦織圭が目標達成したからお役御免ということで、どうやらこのブリスベン国際、今年で幕を閉じるようです。

なんてわけではなくて・・・笑

来年から国別対抗団体戦ATPカップが1月に開催されることとなり、開催都市にブリスベンとシドニーが選ばれたため、全豪オープンの前哨戦としてのブリスベン国際は個人トーナメントとしての役目を終え、国別対抗団体戦の開催都市のひとつとなったという次第です。

なぜ今さら団体戦を?デビスカップ、フェドカップがあるでしょ!と思ってしまうわけですが、ポイントも付くし賞金も出るということで選手にとっては歓迎ムードもあるようです。

ルールなどを少し紹介すると、
・大会には24カ国が参加し、1チームは5人で構成。
・予選ラウンドでは、4チーム1組の6グループに分かれて総当たり戦を行う。
・予選ラウンドの各グループ1位である6チームと、グループ2位のうち上位2チームの計8チームが決勝トーナメントに進むことができる。
・大会賞金は総額1500万米ドル。
・出場する全試合に勝利し、チーム優勝も果たした選手にはATPポイント750点が与えられる。

という内容のようです。

もっと詳しく知りたい~って方はこちらへどうぞ。
男子テニス第3のチーム戦大会“ATPカップ”とは

 

 

全豪オープンテニス 大会概要

大会名:全豪オープン(Aus Open)
カテゴリ:グランドスラム
シングルドロー数:128
サーフェス:ハードコート
開催場所:オーストラリア メルボルン
開催日程:2019年1月14日~1月27日
賞金総額:29,687,000豪ドル(約22億3700万円)
昨年の優勝者:ロジャー・フェデラー
大会公式サイト: www.ausopen.com

全豪オープンテニス 賞金とポイント

テニス界最大のビッグイベント、グランドスラムですから金額はもちろん強烈に破格です。
先日錦織圭が優勝したときは優勝賞金1000万円でした。
ブリスベン国際はATPツアーの中で一番低いカテゴリーでしたからね。
今大会の優勝賞金はなんと約32倍!です。
全豪オープン2019 賞金

全豪オープンテニス 日本人選手

予選本戦合わせると、男子9名、女子5名、の計14名もの日本人選手が出場しています。

男子予選出場者は、
杉田祐一(日本/三菱電機)予選2回戦敗退
伊藤竜馬(日本/北日本物産)本戦出場
内山靖崇(日本/北日本物産)予選1回戦敗退
守屋宏紀(日本/北日本物産)予選3回戦敗退
綿貫陽介(日本/日清食品)予選3回戦敗退
添田豪(日本/GODAI)予選2回戦敗退

女子予選出場者は、
日比野菜緒(日本/LuLuLun)予選1回戦敗退
土居美咲(日本/ミキハウス)本戦出場
奈良くるみ(日本/安藤証券)予選2回戦敗退
清水綾乃(日本/Club MASA)予選1回戦敗退

本戦ストレートインは、

男子
錦織圭(日本/日清食品)
西岡良仁(日本/ミキハウス)
ダニエル太郎(日本/エイブル)

女子
大坂なおみ(日本/日清食品)

 

各選手の詳細

男子 シングルス

錦織圭
Wikipedia
getty images
世界ランク 9位
1989年12月29日
29歳
島根県松江市出身
身長 178cm 体重 75kg
利き手 右
バックハンド 両手打ち

ダニエル太郎
Wikipedia
getty images
世界ランク 78位
1993年1月27日 
25歳
アメリカ・ニューヨーク
身長 190cm 体重 76kg
利き手 右 バックハンド 両手打ち

西岡良仁
Wikipedia
getty images
世界ランク 75位
1995年9月27日
23歳
三重県津市
身長 171cm 体重 63kg
利き手 左
バックハンド 両手打ち

伊藤竜馬
Wikipedia
getty images
世界ランク 151位
1988年5月18日
30歳
三重県いなべ市
身長 180cm 体重 75kg
利き手 右
バックハンド 両手打ち

女子シングルス

大坂なおみ
Wikipedia
getty images
世界ランク 4位
1997年10月16日
20歳
大阪府大阪市
身長 180cm 体重 69kg
利き手 右
バックハンド 両手打ち

土居美咲
Wikipedia
getty images
世界ランク 133位
1991年4月29日
27歳
千葉県大網白里市
身長 155cm 体重 55kg
利き手 左
バックハンド 両手打ち

全豪オープンテニス 凶暴選手

 

ノバク・ジョコビッチ(世界ランキング1位・セルビア)
ラファエル・ナダル(世界ランキング2位・スペイン)
ロジャー・フェデラー(世界ランキング3位・スイス)
アレクサンダー・ズベレフ(世界ランキング4位・ドイツ)
ケビン・アンダーソン(世界ランキング6位・南アフリカ)
マリン・チリッチ(世界ランキング7位・クロアチア)
ドミニク・ティーム(世界ランキング8位・オーストリア)
錦織 圭(世界ランキング9位・日本)
ジョン・イズナー(世界ランキング10位・アメリカ)
カレン・カチャノフ(世界ランキング11位・ロシア)

スタン・ワウリンカ(世界ランキング59位・スイス)
西岡良仁(世界ランキング75位・日本)
ダニエル 太郎(世界ランキング78位・日本)

ジョー ウィルフリード・ツォンガ(世界ランキング177位・フランス)*ワイルドカード
アンディー・マレー(世界ランキング230位・イギリス)*プロテクトランキング

※2019年1/7付の世界ランキング順

フアン マルティン・デルポトロは怪我のため欠場となりましたので、錦織圭が繰り上がって第8シードになります。

伊藤竜馬(世界ランキング151位・日本)*予選から出場

全豪オープンテニス 激戦日程

※何れも現地での日程になります。尚、日本との時差は2時間になります。

1回戦 1月14日(月)15日(火)
2回戦 1月16日(水)17日(木)
3回戦 1月18日(金)19日(土)
4回戦 1月20日(日)21日(月)
準々決勝 1月22日(火)23日(水)
準決勝 1月24日(木)25日(金)
決勝 1月27日(日)

全豪オープンテニス ドロートーナメント表

ドローが発表になりました。
錦織圭の1回戦の対戦相手は、世界ランキング176位ポーランドのカミル・マイシュジャク。
初対戦になります。

その後、順当に勝ち上がった場合に予想される対戦相手は、
2R カルロビッチ
3R コールシュライバー ソウザ
4R フォニーニ カレーノブスタ
QF ジョコビッチ
SF ズベレフ/ティエム
F ナダル/フェデラー

になります。

その他の日本勢は、世界ランク78位のダニエル太郎は同145位のタナシ・コッキナキス(オーストラリア)、同75位の西岡良仁は同63位のテニーズ・サンドグレン(アメリカ)、同151位の伊藤竜馬は同190位のダニエル・エバンス(イギリス)と1回戦で対戦します。

全豪オープン2019 ドロー表1

全豪オープン2019 ドロー表2

全豪オープン2019 ドロー表3

全豪オープン2019 ドロー表4

===============================================

全豪オープンテニス メイン試合予定と結果

 

21日(月)【男子シングルス 4回戦

Margaret Court Arena 第四試合 16時00分以降試合開始予定
錦織圭 9位 VS パブロ・カレーノブスタ 23位

選手名 1 2 3 4 5 合計
錦織圭            
パブロ・カレーノブスタ            

21日(月)【女子シングルス 4回戦

Rod Laver Arena 第二試合 10時00分以降試合開始予定
大坂なおみ 4位 VS アナスタシヤ・セバストワ 12位

選手名 1 2 3 合計
大坂なおみ        
A・セバストワ        

===============================================

19日(土)【男子シングルス 3回戦

Margaret Court Arena 第二試合 10時30分以降試合開始予定
錦織圭 9位 VS ジョアン・ソウザ 44位

選手名 1 2 3 4 5 合計
錦織圭 7(8) 6 6     3
ジョアン・ソウザ 6(6) 1 2     0

highlight

 
 
 
 

on-court interview

 

19日(土)【女子シングルス 3回戦

Margaret Court Arena 第一試合 9時00分試合開始予定
大坂なおみ 4位 VS シェ・シュウェイ 27位

選手名 1 2 3 合計
大坂なおみ 5 6 6 2
シェ・シュウェイ 7 4 1 1

highlight

 

on-court interview

 

===============================================

17日(木)【男子シングルス 2回戦

Margaret Court Arena 第一試合 9時00分試合開始予定
錦織圭 9位 VS イボ・カルロビッチ 73位

選手名 1 2 3 4 5 合計
錦織圭 6 7(8) 5 5 7(10) 3
イボ・カルロビッチ 3 6(6) 7 7 6(7) 2

highlight

 
 
 
 

on-court interview

 

meeting up between their matches

 

イボ・カルロビッチとの対戦は、6-3、7-6、5-7、5-7、7-6のフルセットの死闘を制して3回戦進出を果たしました。
2試合連続のヒヤヒヤゲームでしたが、最後のスーパータイブレーク(10ポイント先取)での逆転はお見事でしたね!

カルロビッチに59本のサービスエースを叩き込まれ、最終セット4-4での0-40になった時は錦織圭同様に負けを覚悟しましたが、本当によく頑張りましたよね。
3セット目に至っては、錦織圭のアンフォースドエラーが僅かに1本でしたが負けてしまう過酷な状況でした。

しかしながらこれで2試合連続のフルセット試合と言うことで、スタミナが心配になりますね。
本人は大丈夫とコメントをしていますが、ホテルに戻って一息つくとどっと疲れがこみ上げてくる可能性もあるので、大橋トレーナーを始め“チーム圭”一丸となっての回復に努めて貰いたいところです。

それにしても今日のカルロビッチの粘りには拍手を送りたいですね!
あれで来月40歳になるとは思えないほどの見事なサーブでした。
あっぱれ、大先生!

1573 Arena 第四試合 13時30分試合開始予定
ダニエル太郎 78位 VS デニス・シャポバロフ 27位

選手名 1 2 3 4 5 合計
ダニエル太郎 3 6(2) 3     0
デニス・シャポバロフ 6 7(7) 6     3

17日(水)【女子シングルス 2回戦

Margaret Court Arena 第二試合 11時00分試合開始予定
大坂なおみ 4位 VS タマラ・ジダンセク 78位

選手名 1 2 3 合計
大坂なおみ 6 6   2
タマラ・ジダンセク 2 4   0

highlight

 

on-court interview

 

===============================================

16日(水)【男子シングルス 2回戦

Court 8 第四試合 13時30分試合開始予定
西岡良仁 75位 vs カレン・カチャノフ 11位

選手名 1 2 3 4 5 合計
西岡良仁 3 3 3     0
カレン・カチャノフ 6 6 6     3

===============================================

15日(火)【男子シングルス 1回戦

Margaret Court Arena 第一試合 9時00分試合開始予定
錦織圭 9位 VS カミル・マイシュジャク 176位

選手名 1 2 3 4 5 合計
錦織圭 3 6(6) 6 6 3  
カミル・マイシュジャク 6 7(8) 0 2 0 棄権

highlight

 

on-court interview

ゲームスコア 3-6、6-7、6-0、6-2、3-0となってところでマイシュジャクの棄権で2回戦進出を果たしました。

それにしてもヒヤヒヤした試合でした。

1回戦随一の鉄板ゲームと思われていたのに、蓋を開けてみればマイシュジャクが2セット連取。錦織圭はあわや1回戦で姿を消してしまうかと思いましたが、最終的にはマイシュジャクの痙攣によりプレーが落ちたところを突いて2回戦に進むことが出来ました。

やはり経験とスタミナという面に於いてもグランドスラムを勝ち上がるのは並大抵じゃないことが証明されましたね。

序盤のチャンスやサービング・フォー・ザ・セットを取り切れずに相手を蘇らせてしまう錦織劇場?も健在で、2セット目までは観る方はヒヤヒヤドキドキの連続でしたが、とにかく勝って良かったです。苦笑

心配なのは、この試合でかなりスタミナを消耗してしまったこと。次の試合以降に影響が出なければいいのですが。

Court 3 第三試合 11時30分試合開始予定
ダニエル太郎 78位 VS タナシ・コキナキス 145位

選手名 1 2 3 4 5 合計
ダニエル太郎 5 4        
タナシ・コキナキス 7 2       棄権

15日(火)【女子シングルス 1回戦

Rod Laver Arena 第五試合 19時00分試合開始予定
大坂なおみ 4位 VS マグダ・リネッテ 86位

選手名 1 2 3 合計
大坂なおみ 6 6   2
マグダ・リネッテ 4 2   0

highlight

 


Court 19 第二試合 11時00分試合開始予定
土居美咲 133位 VS マディソン・ブレングル89位

選手名 1 2 3 合計
土居美咲 4 0   0
マディソン・ブレングル 6 6   2

===============================================

14日(月)【男子シングルス 1回戦

Court 19 第四試合 15時00分試合開始予定
西岡良仁 75位 VS テニーズ・サンドグレン 63位

選手名 1 2 3 4 5 合計
西岡良仁 6 7(7) 4 6   3
テニーズ・サンドグレン 4 6(5) 6 4   0

Court 19 第三試合 11時30分試合開始予定
伊藤竜馬 151位 VS ダニエル・エバンス 190位

選手名 1 2 3 4 5 合計
伊藤竜馬 5 1 6(8)     0
ダニエル・エバンス 7 6 7(10)     3

全豪オープンテニス 放送予定

NHKWOWOWにて放送が予定されています。

 

NHK

NHKは、1回戦から決勝まで放送予定が組まれています。が、深夜です。ということは残念ながら録画です。
過去の例から錦織圭の試合については生放送になるかもしれません。

 

WOWOW

WOWOWは、1月14日(月)の1回戦から、連日生放送の予定です。
WOWOWメンバーズオンデマンドによりネット視聴も可能です。
が、有料です。

この際加入してみるのもありかなと。
WOWOWはひと月2,484円で加入月は無料ですからね。
私はブリスベン見たくて今年になってすぐ契約しました。
2月になったら解約予定です。笑

ネット申し込みで15分くらいしたら見れます。
WOWOWの新規申し込みはこちらからどうぞ

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る